PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

琉球沖縄仏教史…知名定寛著

2022年2月28日 10時08分
琉球沖縄仏教史

ユタや民間信仰について語られることが多い沖縄は仏教王国だった。神戸女子大名誉教授の著者が14年前に上梓した『琉球仏教史の研究』に新知見を加え、本書が刊行された。

琉球史は1609(尚寧王21)年の薩摩侵攻以前と以後に分けて語られる。古琉球時代には、尚巴志が10カ寺以上の寺院を建立し、続く尚泰久は首里城の真向かいに七堂伽藍を備えた禅刹の天界寺を建立した。京都五山の禅僧・芥隠承琥が外交官としての役割を得て、室町幕府と交易を行った。

薩摩侵攻で歴代国王が帰依した寺院の多くが廃絶した。後の三司官・蔡温は儒教を重んじ、禅僧の政治的影響力を遮断したという。近世王府は経済的保護を与えたが修行地を制限し、僧侶らの教化を間接的に禁じた。王国崩壊で僧侶らは衆生教化による寺院経営を迫られ、再び窮地に追いやられた。

首里地域の禅宗の役割や袋中上人の念仏布教、真宗の開教など基本的通史も記される。

沖縄県は現在も寺院が少なく、檀家制度のない特異的な地域だ。沖縄戦の壊滅的な被害もあり、仏教衰退の先駆といえる。本書は琉球仏教史を概括したものだが、為政者との間で教団はどのように衰退し、仏法はいかにして衆生から忘れ去られるのかの前例を示した点で、学ぶべきことが多い。

定価4950円、榕樹書林(電話098・893・4076)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加