PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

仏教のことば・考え方…ひろさちや著

2022年3月4日 14時44分
仏教のことば・考え方

1979年に刊行された著者の「記念碑的著作」を復刊した。著者が目指すのは「仏教のことばを手がかりにして、仏教の考え方を明らかにすること」。一般の人々にも仏教が持つ難解な考え方を理解できるよう、仏教語ではなく平易な表現による解説を一貫して試みている。この狙いを反映するように、本書は「どう生きればよいか」という人々の現実に即した問いを常に念頭に置いている。

取り扱うのは「輪廻転生」「中道」「解脱」など、いずれも仏教では基本的かつ重要なテーマだ。各テーマに関連する仏教語や概念の説明を交えつつ、ブッダの生涯を含む古今東西のエピソードを例に解説。登場する人物や状況は人間味のあるものが多く、読者の理解を助けながら、仏教の考え方と読者の生活を乖離させない役割を果たしている。

各テーマを結ぶ最終章で、著者は自身を「前仏教徒」、すなわち努力を続けてこれから「仏教徒になる」者であると自称する。自分の信心だけが仏教の全てではなく、他人に押し付けられるものでもない。また自分の信心を信じ込み、その中に安住することは人を傲慢に陥らせる。常にこの2点に留意し、自分の信心におごることなく不断の努力を続ける――この態度こそ、真の仏教者と呼ぶにふさわしいと著者は強調している。

定価1980円、佼成出版社(電話03・5385・2323)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加