PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

日本仏教史入門 釈迦の教えから新宗教まで…松尾剛次著

2022年3月7日 09時46分
日本仏教史入門 釈迦の教えから新宗教まで

日本仏教1500年の歴史をたどり、その独自の発展は、僧侶たちがそれぞれの時代において人々の苦悩に応えてきたが故のものだと解き明かす。

鎮護国家のための宗教だった仏教は、鎌倉時代に大きく転換する。著者は「中世仏教の新しさとは何か」の章で法然、日蓮、叡尊らを取り上げ、彼らは個人の救済に動いた遁世僧だったと指摘する。官僧の立場では人々の悩みに応えることはできず、民間の宗教者となって個々人の苦しみと向き合い、葬送にも関わるようになったと説明する。江戸時代には檀家制度が確立し、安定を得た僧侶が堕落したとの見方もあるが、著者は宗学が整備され外来文化だった仏教の日本化が進展したとみる。

近代から現代においては、国の政治にも大きな影響を与えた国柱会、急速に信者を増やした創価学会などに言及。曹洞宗ボランティア会を組織した故有馬実成・原江寺住職の国内外での様々な支援活動は、叡尊や忍性をモデルにしていたことにも触れる。葬式仏教と揶揄されてきた日本仏教だが、東日本大震災以後、悩める人に積極的に寄り添うようになっており、「生活仏教」として発展していくことが期待されると歴史を俯瞰した上で結んでいる。

定価946円、平凡社(電話03・3230・6573)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

僧侶の生老病死 寺院の外で迎える老後

社説5月25日

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加