PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

修験道 日本の諸宗教との習合…宮家準著

2022年3月9日 12時28分
修験道 日本の諸宗教との習合

1996年に発行され、版を重ねた『修験道と日本宗教』を加筆修正した増補決定版。序文だけでも古代から現代に至る修験道の変遷が要点を絞って略述され、天台宗や真言宗との関わり、本山派・当山派の修験道教団の成立、神仏分離令・修験道廃止令の衝撃などの重要な諸問題について通覧できる。

著者は「諸宗教を習合させた形で常民の間に浸透している宗教」を民俗宗教と呼び、修験道をその典型だと規定する。「文化庁の宗務課ではこの修験道を仏教に所属させているが、実際には古来の山岳信仰、シャーマニズム、神道、仏教、道教、儒教、陰陽道などが習合した宗教である」と述べ、この観点は修験道に限定されることではないと指摘するが、教団行政の現場やその周辺にいる者にも忘れてはならない視点といえる。

中世の仏教霊山と修験霊山の相違の考察が興味深い。第一に本尊について仏教霊山では仏菩薩とするが、修験霊山では金剛蔵王権現や熊野十二所権現のような山の神が示現した権現で、「のちにその本地として仏菩薩が充当された」とする。第二に組織運営が仏教霊山では学侶が主導権を握っていたのに対し、修験霊山では行人層が中心だったと述べる。

著者の数十年の研究を反映させた修験道の概説書の新たなスタンダードになるだろう。

定価3300円、春秋社(電話03・3255・9611)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加