PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

戦国期東国の宗教と社会…吉田政博著

2022年3月11日 16時49分
戦国期東国の宗教と社会

戦国時代の東国で伝播した宗教にフォーカスし、仏教をはじめとする宗教が地域に展開していった過程を大名や領主との交流から温泉との関係性に至るまで、様々な側面から分析する。

乱世のただ中にあった戦国時代の日本では「一向一揆」をはじめとする宗教運動の勃興や、地方領主層と僧侶の交流、遊行者の活発化、キリスト教の伝道など、極めて多様な宗教文化が生まれた。それぞれの分野で豊富な研究成果が蓄積されている中で、本書は主に浄土系宗派と修験や真言宗の研究動向を検証し、宗教が現地でどのように受容され、広がっていったのかを明らかにする。

例えば、戦国期は僧侶と権力者の関係が大きく変化した時代だった。合戦に同行し、陣営間の連絡役として機能した「陣僧」は、かつて武士の死の間際に「南無阿弥陀仏」を称えることが主な役目だった。

戦国期ではさらに歌人や医療者としての役割が求められ、戦闘の激化により危険性も増した。そこで陣僧役を忌避したい寺院と、陣僧役を免除する代わりに寺院勢力を傘下に置きたい大名の綱引きが行われる。本書では、こうした武士社会と寺院の切り離せない関係性を多数解説する。日本仏教の拡大について新たな知見が得られる一冊。

定価1万1000円、吉川弘文館(電話03・3813・9151)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

僧侶の生老病死 寺院の外で迎える老後

社説5月25日

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加