PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

日蓮に学ぶレジリエンス 不条理な人生を生き抜くために…平岡聡著

2022年3月22日 09時33分
日蓮に学ぶレジリエンス 不条理な人生を生き抜くために

現代はコロナ禍に代表されるように、いつなんどき想定外の危機的状況が襲ってくるか分からない。そうした苦境をいかに乗り越えるか。本書では人間が苦やストレスから回復する能力「レジリエンス」について、数々の苦難に遭いながらも決してくじけず、自らの信じた道を歩み続けた日蓮に学ぶ。

まず、不条理な人生や日蓮の苦に対する態度を理解する上で必要不可欠な「仏教の業思想」について論じる。次に、日蓮の生涯と思想を紹介。五濁悪世の末法の様相を呈する中世に生きる苦しみや、人生の生老病死の苦しみに対する日蓮の理解の仕方について学ぶ。日蓮は、飢饉や疫病に襲われる鎌倉の人々の惨状を目撃し、嘆き悲しむだけではなく、末法こそ最高の教えである法華経で民衆を救済するチャンスだと捉えた。

日蓮は自らの苦を過去世の罪業による「罪業苦」、あるいは他者の身代わりに苦を受ける「代受苦」と捉えて「菩薩の自覚」を持ち、覚悟を決めて生き抜いたと指摘する。

そして、日蓮が逆境をバネにさらなる成長を遂げる精神的たくましさの要因を探る。

最後に日蓮のレジリエンスに学び、我々自身がいかにレジリエンスを高め、ストレスフルで不条理な人生を生き抜いていくかを五つのステップにまとめて提示する。

定価1980円、大法輪閣(電話03・5724・3375)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加