PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

たたかう神仏の図像学 勝軍地蔵と中世社会…黒田智著

2022年3月23日 15時39分
たたかう神仏の図像学 勝軍地蔵と中世社会

「勝軍地蔵」の名が文献上初めて現れるのは、承久の乱の前後である1221(承久3)年5月28日のことであり、まったくの和製の地蔵菩薩といえる。本書は、勝軍地蔵信仰の誕生と、その背後にある中世的世界観の様相を解明することを目的とし、併せて現在に至るまでの800年の信仰の歴史の道程をたどる。

著者がこれまで調査・収集してきた勝軍地蔵像の作例は700点余に上り、その図像と言説を巡る「歴史図像学」の試みでもある。中世日本に固有の国家・国土観念を映し出す鏡として勝軍地蔵を捉えつつ、後の中近世武家政権、そして近代戦争や国民国家にまで少なからぬ影響を及ぼしていることを論考している。

勝軍地蔵の歴史を五つの段階に分け、戦勝を担保する軍神として、愛宕信仰と習合した火伏の神として、武士道の実践と徳治・善政のシンボルとして、など多様な側面を提示。その上で「(日露戦争からアジア・太平洋戦争にかけて)ふたたび近代戦争における戦勝神となって各地で戦勝祈願が行われ、少なからぬ勝軍地蔵が造立されていった。調伏と鎮魂、戦争と平和の八〇〇年におよぶ歴史のなかで、勝軍地蔵もまた新しい近代を、現代を生き続けていった」とも指摘している。

定価4180円、吉川弘文館(電話03・3813・9151)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加