PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

一遍を生きる…ひろさちや著

2022年4月1日 16時10分
一遍を生きる

各仏教宗派の祖師の生き方を取り上げ、そこから現代に生きる人々へのヒントを探ろうとする著者渾身の書き下ろしシリーズ「祖師を生きる」(全8冊)の5作目。「捨聖」「遊行上人」などと称された時宗の開祖・一遍上人(1239~1289)を、分け隔てなく人々に救いの手を差し伸べた「反体制の仏教者」として描き出し、その実像に迫ろうとしている。

一遍は伊予国道後の水軍の家に生まれ、10歳で出家する。浄土宗を学んだ青年期を経て故郷に戻り、半僧半俗の生活を送るが再出家。各地への賦算(お札配り)の旅の道中、熊野本宮で神託を受け「信/不信」「浄/不浄」に関係なくただ念仏札を配ればよい、との境地に至り、以降、その実践の生涯を送ることになる。著者は、朝廷をはじめとした体制側におもねることなく、女性や伝染病患者など社会から見捨てられた人々をも救おうとした、その反世間性・反体制性に一遍の思想基盤を見いだしている。

家も家族も全てを捨てて念仏と遊行の境地に生きた一遍。「『未来』に希望を持たず、『過去』をくよくよ反省せず、『現在』をしっかりと生きればよい」という生き方を我々に教えてくれているのだ、と著者は強く訴えている。

定価1650円、佼成出版社(電話03・5385・2323)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

僧侶の生老病死 寺院の外で迎える老後

社説5月25日

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加