PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

神道文化の展開…村山修一著

2022年4月6日 12時51分
神道文化の展開

神仏習合や陰陽道の先駆的研究で知られた歴史学者の村山修一氏(1914~2010)の未刊論文24本を収録し、同氏の「知られざる未見の学問世界」を紹介する。

30冊以上の単著にも収録されなかった論文の大半が神道をテーマとしたもので、他の3割が神仏習合などだった。編者の嵯峨井建氏は「神道がこれほどウエイトを占めていたことは極めて興味深いことである」と驚きを込めて記している。

1948年度人文科学研究費の交付を受け学界で初めて「神像美術」という概念を提起していたのは従来知られていないことだったという。その成果が1951年の論文「日本神像美術の研究」で、古代における霊魂の美的表現を継承しつつも、神像は仏教美術の一変形として成立発展したと位置付ける。写実性、神性、性別・年齢の表現などに触れ「最高潮に達した神像の写実性が人間的な美しさを理想としながら、神の有する由縁・縁起を体現することが少い点に注意したい」と指摘。「日本人は説明的なものによって写実性が余りに人間的な表現を強め、神性を失うことを畏れたのである」と分析する。

神木、寺社勧進、吉田神道、大元宮、御子神信仰、新義真言宗における神祇思想、三輪流神道、羽黒山に関する論考も収める。

定価1万4300円、塙書房(電話03・3812・5821)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

僧侶の生老病死 寺院の外で迎える老後

社説5月25日

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加