PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

仏教の正統と異端 パーリ・コスモポリスの成立…馬場紀寿著

2022年4月18日 09時37分
仏教の正統と異端 パーリ・コスモポリスの成立

「大乗仏教」と「上座部仏教」という従来の枠組みを根本から見直し、南・東南アジアにおける「聖なる言語」の転換から仏教史を描き直す。

「大乗」と「上座部」という概念は、近代仏教学が「サンスクリット語」「パーリ語」という仏典言語の伝播範囲を誤って区分したことに由来するもので、伝統的な仏教の在り方とは一致しない。筆者は「大乗と上座部を別種の仏教として捉え、両者の相違を定義するところに誤謬の根本がある」と指摘し、大乗を退ける一派が上座部の中に生まれた経緯に着目する。

古代インドの仏教には中央集権化した教団がなく、大乗と上座部は共存していたという。一方、スリランカの大寺派は『島史』で自らを「正統」とする主張を展開し、パーリ語原理主義を生み出し、パーリ語仏典を正典と定めた。その後、13世紀に南・東南アジアにおける聖なる言語がサンスクリット語からパーリ語に移ると、各国の王権は大寺派の出家教団を支援し、大乗を退ける思想が広まっていく。

本書はヨーロッパに端を発する近代仏教学の仏教観に異を唱え、言語世界の転換から仏教史を俯瞰するという新たな視点を提示している。

定価3960円、東京大学出版会(電話03・6407・1069)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加