PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

金峯山寺の365日…五條永教著 保山耕一映像

2022年4月20日 12時17分
金峯山寺の365日

美しい写真や付属DVDの映像と共に奈良の古刹の魅力をその寺に奉仕する一僧侶の視点からつづる「某寺の365日」シリーズの第2弾。若手ながら金峯山修験本宗総本山の執行長の重責を担う著者が「日本一の桜の名所」とされる霊地吉野山の風土や修験道に生きる日常を紹介する。映像はテレビ番組「情熱大陸」や「THE世界遺産」に関わり、奈良県を拠点に活動する映像作家の保山耕一氏が撮影した。

執行長としての一日の仕事・勤行、「福は内、鬼も内」の節分会・蛙飛び行事など独特の年中行事はもちろん、大峯百日回峯行・大峯奥駈修行などの厳しい修行での不思議な経験、在家仏教である修験道の僧侶の在り方についても、教えを交えながら優しい語り口で思いを込める。

たわいもないが当事者でないと分からない逸話が面白い。剃髪する僧侶には不要なはずのくしが修験道の僧侶には欠かせない道具となっている理由、お勧めの金峯山寺の絶景の場所とタイミング、「ちょっと大きすぎ」の吉野山のあるもの、金峯山寺と黄檗宗の意外な縁なども記す。著者の人柄がそのままにじみ出たような文体で、わざわざ冗談や皮肉を使わなくても聞き手が自然と笑顔になる話しぶりが活字で再現されている。

定価1870円、西日本出版社(電話06・6338・3078)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加