PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

目覚めるアメリカ仏教 現代仏教の新しい未来像…ケネス・タナカ著

2022年4月25日 09時52分
目覚めるアメリカ仏教 現代仏教の新しい未来像

「西洋の壁」を超えて拡大するアメリカ仏教の実像に迫る。アメリカにおける仏教の歴史とその思想的特徴、科学や心理学との関わり、問題点などを多角的に考察している。

1970年代に約20万人だったアメリカの仏教徒は、その後の50年で約330万人にまで増加、数十年後にはユダヤ教を追い抜きアメリカ第二の宗教になる勢いだ。さらに、キリスト教やユダヤ教を信仰しつつも仏教に共感を覚えるという人や、仏教から思想的な影響を受けていると自認する人は推定で約3千万人に及ぶという。俳優のリチャード・ギア氏や歌手のティナ・ターナー氏も仏教からの影響を公言している。

アメリカに仏教が広がる契機になったのは1893年にシカゴで開かれた万国宗教会議である。この会議には、臨済宗の釈宗演、真言宗の土宜法龍といった日本人僧侶も参加した。

アメリカでの布教活動で成功を収めた日本人の多くは、本国で「異端」とされた僧侶たちである。彼らは旧来の伝統を保持しつつも、現代社会に合わせて積極的に思想改革を展開した。筆者は「現代仏教を新しい視点から考え、改革を目指す人々にとってアメリカ仏教は参照するに値する貴重な例なのではないか」と語る。

定価2530円、武蔵野大学出版会(電話042・468・3003)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加