PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

渋沢栄一はなぜ「宗教」を支援したのか 「人」を見出し、共鳴を形にする…山口輝臣編著

2022年4月26日 09時10分
渋沢栄一はなぜ「宗教」を支援したのか 「人」を見出し、共鳴を形にする

近代日本を代表する実業家、渋沢栄一は「無宗教」を自称しながらも、多方面にわたり宗教を支援した。宗教・宗派を超えた多様な関わり方を徳川家遺臣、郷里および実業界の「名士」に伴うもの、「フィランソロピー」活動の三つの視点から読み解いた論集。

徳川家ゆかりの寛永寺と増上寺や郷里の寺社、そして明治神宮への支援に尽力した理由は、農民から幕臣に取り立てられ、財界指導者となった渋沢の生涯から捉えやすい。一方で、質量ともに他を上回るのが、救世軍・日曜学校・修養団・湯島聖堂などへの支援であり、本書はその理由をフィランソロピー活動に見いだす。

フィランソロピーは人類愛に基づく個人や団体の慈善活動、奉仕活動など自発的で利他的な活動とされる。編者は渋沢の残した言葉などから「渋沢が必要と考える『フィランソロピー』をたまたま『宗教』が担っていたことによる支援と解するのがよさそうだ」と、宗教団体が担う社会事業に感謝し、支援したと推測する。

実業家を中心に政財官学のエリートを巻き込んで実施されることが多かった渋沢の宗教支援。「無宗教者」が「宗教」を支える社会的基盤の存在など当時のエリートと「宗教」との関わりについて新たな視座を示す。

定価4180円、ミネルヴァ書房(電話075・581・5191)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加