PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

2022年5月13日 11時29分
地獄と娑婆のお地蔵さん

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。

1979~82年に大法輪閣から刊行された「ひろさちや仏教名作選」の復刊企画。本書は第2巻で、第1巻『仏教のことば・考え方』、第3巻『仏の世界と輪廻の世界』と合わせて3冊の選集となっている。著者が仏教評論家として世に出始めた頃の書籍だが、内容・文体は今読んでも古さがなく、むしろシャープで、端々に著者ならではのサビの利いたユーモアが発揮されている。

お地蔵さんの特質について著者は、仏ではなく菩薩、すなわち末法の「無仏の時代」に「娑婆」=この世=において、仏の代わりを務めてくれる存在だと説く。娑婆とは忍土を意味し、互いに耐え忍びつつ生きなければならない。そうした人間の生きざまを、お地蔵さんはいつも笑顔で見守りながら一緒に苦しみ、一緒に悲しんでくれる。著者にとって、お地蔵さんの原点はそこにあるという。

本書では『今昔物語集』にある地蔵菩薩が地獄に落ちた亡者を救う説話も紹介し、閻魔大王と地蔵菩薩との関係に言及する。

巻末に著者編「賽の河原地蔵和讃」を付し、お地蔵さんの慈悲の深さを讃えている。

定価1980円、佼成出版社(電話03・5385・2323)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

渋沢栄一はなぜ「宗教」を支援したのか 「人」を見出し、共鳴を形にする

渋沢栄一はなぜ「宗教」を支援したのか 「人」を見出し、共鳴を形にする…山口輝臣編著

4月26日

近代日本を代表する実業家、渋沢栄一は「無宗教」を自称しながらも、多方面にわたり宗教を支援した。宗教・宗派を超えた多様な関わり方を徳川家遺臣、郷里および実業界の「名士」に伴…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加