PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

2022年5月16日 09時29分
憑霊信仰と日本中世社会

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究した小松和彦が「憑霊信仰」の語を用いて学術領域に浸透したという。

本書が検討対象とするのは、憑依技法である。著者は「神・人・動物などの霊を人につける技法が、日本においてどのように展開したかを、10世紀から14世紀中葉までの貴族社会を主な対象に、歴史的に検討することを目指す」と述べている。「技法」とはどういうことかというと、憑霊には霊的存在からの働き掛けで偶発的に起こるものと、人から意図的に働き掛け生じさせる場合があり、本書は人為的な憑霊技法を取り上げる。

憑霊技法には職能者が自身に霊をつける例と別の人物につける例とが見られ、霊をつけられる人物は「よりまし」の語で表される。本書で扱う時代にこうした表記がほとんど見いだせないので、著者は片仮名で「ヨリマシ」と表記している。

ヨリマシを用いた技法を「ヨリマシ祈祷」、モノノケに苦しむ人にモノノケ調伏のために行う祈祷は「ヨリマシ加持」と称する。それらの歴史的展開を踏まえ、仏教と神祇信仰の交錯を浮き彫りにする。

定価3850円、法藏館(電話075・343・5656)刊。

今こそ戒壇を建立する時 -記号論的転回による現前-

今こそ戒壇を建立する時 -記号論的転回による現前-…鍋嶋真永著

6月24日

日蓮が末法の人々を救うための教えとして示した三大秘法の一つ「本門の戒壇」の趣旨を解き明かし、その建立こそが宗祖の本意であると主張する一冊。日蓮宗大本山本圀寺(京都市山科区…

日本と東南アジアの仏教交流 -その史実と展望-

日本と東南アジアの仏教交流 -その史実と展望-…林行夫編著

6月17日

日本仏教とタイやミャンマーなど東南アジアの仏教との「交流」の在り方、課題を問う。交流には相互理解が前提となるが、中国伝来の大乗仏教を鎌倉期以降、独自に発展させたと自負する…

飴売り具學永 関東大震災で虐殺された一朝鮮人青年の物語

飴売り具學永 関東大震災で虐殺された一朝鮮人青年の物語…キム・ジョンス文、ハン・ジヨン絵、山下俊雄ほか訳

6月16日

関東大震災直後の混乱の中で起きた、官憲や自警団による朝鮮人の殺傷事件をテーマとする一冊。牧師である著者は、犠牲となった一青年の生い立ちから日本での暮らし、死までの人生を物…

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ

社説6月24日

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか

社説6月17日

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘

社説6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加