PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

希望の源泉 池田思想④…佐藤優著

2022年6月9日 09時11分
希望の源泉 池田思想④

プロテスタントで作家、神学研究者である著者が、創価学会の池田大作・第3代会長の著作『法華経の智慧』の解釈を試みるシリーズの第4弾。本巻は法華経の「従地涌出品」「如来寿量品」についての考察を収める。

従地涌出品の考察では、戦時中、治安維持法違反および不敬罪に問われて入獄した戸田城聖・第2代会長が、獄中で法華経を繰り返し精読し、唱題を重ねて思索した果てに「仏とは生命なり」「我、地涌の菩薩なり」と覚知したことに触れる。この獄中の悟達を池田会長が「法華経ゆえの投獄、難即悟達です。これこそ、まさに『日蓮と同意ならば地涌の菩薩たらんか』の御金言を身をもって証明された姿と言えよう」と捉えたことについて、著者は自身の入獄体験を踏まえ「大きな難の体験は、人間の信仰を深化させ、人生観を変える契機になる」と述べている。

如来寿量品の考察では「大いなる生命を、現実の我が身の上に顕していくのが寿量品の実践です」と語る池田会長の生死観について論じ、「生も歓喜、死も歓喜」というハーバード大でのスピーチの真意を解く。

また現実性と超越性、コロナ禍が浮き彫りにした「死を覆い隠す現代文明」の弱点などをテーマに、多様な視点から世界宗教化への飛躍を期す創価学会の思想の真髄に迫る。

定価1320円、第三文明社(電話03・5269・7145)刊。

今こそ戒壇を建立する時 -記号論的転回による現前-

今こそ戒壇を建立する時 -記号論的転回による現前-…鍋嶋真永著

6月24日

日蓮が末法の人々を救うための教えとして示した三大秘法の一つ「本門の戒壇」の趣旨を解き明かし、その建立こそが宗祖の本意であると主張する一冊。日蓮宗大本山本圀寺(京都市山科区…

日本と東南アジアの仏教交流 -その史実と展望-

日本と東南アジアの仏教交流 -その史実と展望-…林行夫編著

6月17日

日本仏教とタイやミャンマーなど東南アジアの仏教との「交流」の在り方、課題を問う。交流には相互理解が前提となるが、中国伝来の大乗仏教を鎌倉期以降、独自に発展させたと自負する…

飴売り具學永 関東大震災で虐殺された一朝鮮人青年の物語

飴売り具學永 関東大震災で虐殺された一朝鮮人青年の物語…キム・ジョンス文、ハン・ジヨン絵、山下俊雄ほか訳

6月16日

関東大震災直後の混乱の中で起きた、官憲や自警団による朝鮮人の殺傷事件をテーマとする一冊。牧師である著者は、犠牲となった一青年の生い立ちから日本での暮らし、死までの人生を物…

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ

社説6月24日

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか

社説6月17日

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘

社説6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加