PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

今こそ戒壇を建立する時 -記号論的転回による現前-…鍋嶋真永著

2022年6月24日 10時29分
今こそ戒壇を建立する時 -記号論的転回による現前-

日蓮が末法の人々を救うための教えとして示した三大秘法の一つ「本門の戒壇」の趣旨を解き明かし、その建立こそが宗祖の本意であると主張する一冊。日蓮宗大本山本圀寺(京都市山科区)の参与を務める著者が「本門の戒壇」を巡る過去の宗学論を概観した上で、建立すべき戒壇の具体的な姿を提示する。

「本門の戒壇」は本尊に帰依し題目を唱える受戒の場である。これまで日蓮宗では「本門の戒壇」の解釈について、題目を唱える場であればどこでも「本門の戒壇」になり得るという理壇説と実在の「本門の戒壇」を建立すべきであるという事壇説の対立があった。著者は「本門の戒壇」を「理」と「事」に分類する二元論に疑問を呈し、各派が受け継ぐ伝承を記号論の手法を用いて分析する。

『三大秘法禀承事』で日蓮は「本門の戒壇」の建立には「勅宣並びに御教書」が必要であると説いているが、著者はこれを「ご在世の位相でこそ必要とされた条件」であり現代では不要であると主張。日蓮が生きた時代特有の事情を排除し、宗祖の思想の本質を明らかにする。

第六章「立正安世界を果とする本化菩薩戒壇」では本圀寺が建立を目指す「本門の戒壇」の一部である「本化菩薩戒壇」の完成予想図を複数の図面を用いて解説する。

定価1320円、国書刊行会(電話03・5970・7421)刊。

日本と東南アジアの仏教交流 -その史実と展望-

日本と東南アジアの仏教交流 -その史実と展望-…林行夫編著

6月17日

日本仏教とタイやミャンマーなど東南アジアの仏教との「交流」の在り方、課題を問う。交流には相互理解が前提となるが、中国伝来の大乗仏教を鎌倉期以降、独自に発展させたと自負する…

飴売り具學永 関東大震災で虐殺された一朝鮮人青年の物語

飴売り具學永 関東大震災で虐殺された一朝鮮人青年の物語…キム・ジョンス文、ハン・ジヨン絵、山下俊雄ほか訳

6月16日

関東大震災直後の混乱の中で起きた、官憲や自警団による朝鮮人の殺傷事件をテーマとする一冊。牧師である著者は、犠牲となった一青年の生い立ちから日本での暮らし、死までの人生を物…

現代社会はどこに向かうか -高原の見晴らしを切り開くこと

現代社会はどこに向かうか -高原の見晴らしを切り開くこと…見田宗介著

6月15日

4月1日に亡くなった見田宗介・東京大名誉教授の最晩年の著作。思想界に多大な影響を与えてきた社会学者が、現代は3千年来の巨大な転換点にあると指摘し、これまでの経済最優先を脱…

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ

社説6月24日

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか

社説6月17日

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘

社説6月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加