PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

中村 元 慈しみの心…前田專學・奈良康明解説

2022年6月29日 10時26分
中村 元 慈しみの心

インド哲学と仏教学の泰斗で東方学院の設立者、中村元(1912~99)が訳したブッダや高僧たちの言葉を抜粋し、解説付きで紹介する。解説は前田專學・中村元記念館初代館長と故奈良康明・元駒澤大学長が務めた。

中村の故郷、島根県の地元紙『山陰中央新報』が2015年から連載している同名の企画を初めて書籍化したもので、掲載開始から約1年分となる348編を収録した。

前田氏が評す通り、中村の偉大な事績の一つは『スッタニパータ』など原始仏典のエッセンスを一般向けに分かりやすく伝えている点にある。

第1編では「慈しみ」と題し、「一切の生きとし生けるものは、幸せであれ」「何びとも他人を欺いてはならない」「この慈しみの心づかいを、しっかりとたもて」とつづられる。仏教における「慈悲」をこれ以上分かりやすく述べることは難しいだろう。

新聞連載のため、各編の一つ一つはわずか1、2行程度と短い。それだけに「小なりとも火を軽んずべからず」「真理は一つであって、第二のものは存在しない」といったシンプルな言葉が胸を突く。

豊富な解説も読み応え十分。1日1編、ブッダや宗祖の言葉に触れる時間が欲しい人に。

定価1540円、山陰中央新報社(電話0852・32・3420)刊。

法華仏教研究 第33号

法華仏教研究 第33号…法華仏教研究会編

7月28日

日蓮聖人門下が宗派や門流を超えて学び合う教学研究誌。2009年の発刊から毎号、専門的な論考を掲載し続け、誌上議論も盛んに行われている。 巻頭論文は花野充道氏「二種の『金綱…

地形と地理でわかる神社仏閣の謎

地形と地理でわかる神社仏閣の謎…古川順弘・青木康著

7月27日

近年、地形から町の成り立ちを探るテレビ番組が人気を博し、書店などでも同様のテーマの書籍を多く見掛ける。全国各地に古くからある神社仏閣の造営場所も、町同様に地形や地理の影響…

東洋学術研究 第61巻第1号

東洋学術研究 第61巻第1号…東洋哲学研究所編

7月26日

新型コロナウイルスの感染拡大により多くの人々の命が奪われるとともに、あるべき交流や外交の機会も失われるなど、かつてない危機に世界全体がさらされていることを踏まえ、「人間性…

家族、いのちとは問う 「ベイビー・ブローカー」で

社説8月5日

循環に生きる 「断捨離」から再生へ

社説8月3日

決して忘れない いのちの重み伝える

社説7月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加