PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

宗教人類学の地平…佐々木宏幹編著

2022年7月5日 10時12分
宗教人類学の地平

シャーマニズム研究の第一人者、権威として、また宗教研究だけでなく隣接する諸科学の分野でも名が知られている編著者。17年間にわたる「仏教企画通信」での連載が今年3月で終了し、その50編を超える連載・論文のうち宗教人類学の視点から現代仏教を解説したものや、寺院、僧侶の存在意義を論じたもの、東日本大震災に関する論考など18編を収録した。92歳にして健筆で、死者祭祀を担うべき日本仏教の課題等を鮮やかに描き出している。

編著者は従来、曖昧だった諸概念を明瞭にし、シャーマニズム研究を大きく前進させた。今ではスタンダードとなったが、シャーマニズムの類型を提示し、日本と世界の民俗宗教の比較を可能にする道筋をつくり、宗教研究の景観を大きく変えた。

本書では仏教の教理・理念と葬儀・民俗などとの矛盾を浮き彫りにしつつ、両者の関係性を複合的、動態的に考察することの重要性を論じる。さらに現代日本人の宗教観や震災後の日本宗教論など、長年の研究成果の集大成ともいえる論考が多数収められている。

小松和彦・国際日本文化研究センター名誉教授が序を、佐藤憲昭・駒澤大名誉教授と高見寛孝・國學院大兼任講師が論考を寄せている。

定価2530円、仏教企画(電話042・703・8641)刊。

法華仏教研究 第33号

法華仏教研究 第33号…法華仏教研究会編

7月28日

日蓮聖人門下が宗派や門流を超えて学び合う教学研究誌。2009年の発刊から毎号、専門的な論考を掲載し続け、誌上議論も盛んに行われている。 巻頭論文は花野充道氏「二種の『金綱…

地形と地理でわかる神社仏閣の謎

地形と地理でわかる神社仏閣の謎…古川順弘・青木康著

7月27日

近年、地形から町の成り立ちを探るテレビ番組が人気を博し、書店などでも同様のテーマの書籍を多く見掛ける。全国各地に古くからある神社仏閣の造営場所も、町同様に地形や地理の影響…

東洋学術研究 第61巻第1号

東洋学術研究 第61巻第1号…東洋哲学研究所編

7月26日

新型コロナウイルスの感染拡大により多くの人々の命が奪われるとともに、あるべき交流や外交の機会も失われるなど、かつてない危機に世界全体がさらされていることを踏まえ、「人間性…

家族、いのちとは問う 「ベイビー・ブローカー」で

社説8月5日

循環に生きる 「断捨離」から再生へ

社説8月3日

決して忘れない いのちの重み伝える

社説7月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加