PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

中世神道入門 カミとホトケの織りなす世界…伊藤聡・門屋温監修

2022年7月6日 11時07分
中世神道入門 カミとホトケの織りなす世界

この20~30年で進展した中世神道研究の最前線を紹介するガイドブック。事典形式で本地垂迹説、神国思想、両部神道、神道灌頂、天照大神、蔵王権現、神功皇后説話の変容、十種神宝、各人物、神道書などのトピックを解説する。具体的な事件よりも、典籍や美術の制作活動や儀礼・伝授・教化活動の中で紡がれてきた言説や観念に焦点を当てる。それは現代の社寺の境内に掲げられている由緒書の基層となった世界観の解明に挑んでいるということも可能だろう。一連の議論が提示してきた「神道」という枠組み自体への問題意識は、神道にとどまることなく、仏教研究や宗派史研究への刺激にもなる。

神仏習合の解説では東アジアに視野を広げ、共通性を述べつつ神と仏の対応関係の徹底的な考察は日本独自だと指摘。真宗の存覚や浄土宗の聖冏など、習合一辺倒ではない神仏関係論の存在にも目を配る。また禅僧の中世神道への影響の解明が今後の課題とし、土地伽藍神、渡唐天神、白山神に言及する。

「古典神の変貌」の節は現在の神社神道を知る上で参考となる。日本書紀で具体的な説話のない国常立尊が、皇祖神を超える始原的な最高神とされて地位が向上。急増した時期が「近代」であるかは検証の余地があるが、同神を祀る神社が出現した背景と分析する。

定価4180円、勉誠出版(電話03・5215・9021)刊。

法華仏教研究 第33号

法華仏教研究 第33号…法華仏教研究会編

7月28日

日蓮聖人門下が宗派や門流を超えて学び合う教学研究誌。2009年の発刊から毎号、専門的な論考を掲載し続け、誌上議論も盛んに行われている。 巻頭論文は花野充道氏「二種の『金綱…

地形と地理でわかる神社仏閣の謎

地形と地理でわかる神社仏閣の謎…古川順弘・青木康著

7月27日

近年、地形から町の成り立ちを探るテレビ番組が人気を博し、書店などでも同様のテーマの書籍を多く見掛ける。全国各地に古くからある神社仏閣の造営場所も、町同様に地形や地理の影響…

東洋学術研究 第61巻第1号

東洋学術研究 第61巻第1号…東洋哲学研究所編

7月26日

新型コロナウイルスの感染拡大により多くの人々の命が奪われるとともに、あるべき交流や外交の機会も失われるなど、かつてない危機に世界全体がさらされていることを踏まえ、「人間性…

家族、いのちとは問う 「ベイビー・ブローカー」で

社説8月5日

循環に生きる 「断捨離」から再生へ

社説8月3日

決して忘れない いのちの重み伝える

社説7月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加