PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

ヤバい神 不都合な記事による旧約聖書入門…トーマス・レーマー著、白田浩一訳

2022年7月6日 11時07分
ヤバい神 不都合な記事による旧約聖書入門

旧約聖書で描かれる神といえば、『創世記』の中で洪水を起こしノア以外の人類を滅ぼしたり、アブラハムに息子イサクの命を捧げさせたりして読者をしばしば困惑させる。それゆえ残酷で横暴という印象を持たれることが多く、救いを強調する新約聖書との比較のもと、近代のキリスト教神学で批判され、反ユダヤ主義の標的になることもあった。

その難解な箇所をどう解釈すべきか。スイス・ローザンヌ大で教壇に立った旧約聖書学の泰斗が聖書の解釈を通し、神は本当に残忍か、はたまた暴君か、その「人柄」を探っていく。

著者は神に対してあらゆる問い掛けを続ける。神は男性的か、独善的か、暴力的か、理解可能か……。テキストを徹底的に吟味し多様な解釈可能性を論じている。

そもそも、神の謎は新約聖書にもちりばめられている。例えば、十字架にかけられたイエスが「わが神、わが神、なぜ私をお見捨てになったのですか」と問う場面は、今も盛んに解釈がなされる。同様に旧約聖書でも著者は「神学を論じる際に、聖書の神が持っている理解不能な側面を否定しようとする誘惑に負けてはならない」とする。神は人類を常に驚かせ、疑問を投げ掛ける。その本質をいま一度思い起こさせる。

定価2420円、新教出版社(電話03・3260・6148)刊。

法華仏教研究 第33号

法華仏教研究 第33号…法華仏教研究会編

7月28日

日蓮聖人門下が宗派や門流を超えて学び合う教学研究誌。2009年の発刊から毎号、専門的な論考を掲載し続け、誌上議論も盛んに行われている。 巻頭論文は花野充道氏「二種の『金綱…

地形と地理でわかる神社仏閣の謎

地形と地理でわかる神社仏閣の謎…古川順弘・青木康著

7月27日

近年、地形から町の成り立ちを探るテレビ番組が人気を博し、書店などでも同様のテーマの書籍を多く見掛ける。全国各地に古くからある神社仏閣の造営場所も、町同様に地形や地理の影響…

東洋学術研究 第61巻第1号

東洋学術研究 第61巻第1号…東洋哲学研究所編

7月26日

新型コロナウイルスの感染拡大により多くの人々の命が奪われるとともに、あるべき交流や外交の機会も失われるなど、かつてない危機に世界全体がさらされていることを踏まえ、「人間性…

家族、いのちとは問う 「ベイビー・ブローカー」で

社説8月5日

循環に生きる 「断捨離」から再生へ

社説8月3日

決して忘れない いのちの重み伝える

社説7月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加