PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

地形と地理でわかる神社仏閣の謎…古川順弘・青木康著

2022年7月27日 08時49分
地形と地理でわかる神社仏閣の謎

近年、地形から町の成り立ちを探るテレビ番組が人気を博し、書店などでも同様のテーマの書籍を多く見掛ける。全国各地に古くからある神社仏閣の造営場所も、町同様に地形や地理の影響を全く受けていないとは考えにくい。本書は地形と地理的要因から神社仏閣がなぜ、その地に造営されたかを分かりやすく解説する。

鎮護国家のため、あるいは土地に根差した信仰に依拠して造営された神社仏閣ではあるが、立地を古地図などと重ね合わすと、交通・経済・軍事の要衝であることが多い。我が国の長距離交通は長らく船舶が担っていた影響からか、沿岸部や大河川の河口・川岸などに造営されたケースが多々見られる。要因として、外国使節に対して国威を示したり、船舶交通の要衝を守護する役割を担わされたりしたと推測されるという。

50以上の神社仏閣を掲載し、「神社編」では神話と古代の交易・軍事事情を織り交ぜて伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮・出雲大社などの立地を、「寺院編」では政治権力や土着の信仰の関係性などから延暦寺・金剛峯寺・建長寺・永平寺などの立地を解説する。「聖地・霊場編」では地形を絡めて下北半島の恐山・出羽三山・熊野三山・大峰山など各所の信仰の変遷をひもとく。

定価1210円、宝島社(電話03・3234・4621)刊。

法華仏教研究 第33号

法華仏教研究 第33号…法華仏教研究会編

7月28日

日蓮聖人門下が宗派や門流を超えて学び合う教学研究誌。2009年の発刊から毎号、専門的な論考を掲載し続け、誌上議論も盛んに行われている。 巻頭論文は花野充道氏「二種の『金綱…

東洋学術研究 第61巻第1号

東洋学術研究 第61巻第1号…東洋哲学研究所編

7月26日

新型コロナウイルスの感染拡大により多くの人々の命が奪われるとともに、あるべき交流や外交の機会も失われるなど、かつてない危機に世界全体がさらされていることを踏まえ、「人間性…

道元の〈哲学〉 脱落即現成の世界

道元の〈哲学〉 脱落即現成の世界…竹村牧男著

7月25日

道元の生涯や思想に関する過去の研究を概観し、その禅哲学の核心に迫ろうとする一冊。学生時代から禅に参じる著者が、道元が捉えた「脱落即現成」の世界を明らかにする。 宋の天童山…

家族、いのちとは問う 「ベイビー・ブローカー」で

社説8月5日

循環に生きる 「断捨離」から再生へ

社説8月3日

決して忘れない いのちの重み伝える

社説7月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加