PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

釈尊のご生涯をたずねて 「仏さま」の実像とその教え…森政弘編著

2023年10月12日 09時19分
釈尊のご生涯をたずねて 「仏さま」の実像とその教え

『華厳経』で善財童子が53人の善知識を遍歴して修行する物語に倣い、日本のロボット工学の先駆者である著者が、14人の仏教学者らにインタビューした対談集。雑誌『躍進』の1976~78年の連載をまとめたもので、東京大名誉教授の中村元氏、平川彰氏ら著名な研究者が釈尊の言行と教えを、その生涯をたどる形で解き明かしている。

最終回のゲストの中村氏は、釈尊の魅力と仏教の教えの要をテーマに語る。著者は回の冒頭、対談を重ね仏教を学ぶ中で「釈尊は偉大な徳を具えた大人格者でありながら、とても親しみやすい人柄を備えた方ではないか」との思いを抱くようになったと述べる。

中村氏は古い聖典に見える釈尊の人柄として「納得のいかないことを安易に信じることは絶対にせず、自ら体得してから人々が納得いくように説く」「相手の気持ちを損なわぬよう心を配り、教化していく」の2点を挙げる。人々はこうした人柄に親しみを感じ、引かれたのだと推察しつつ「慈悲心によって万人に門戸を開いたこと」こそ、仏教が国や民族を超えて広まった理由だと説明している。

対談故の簡潔・平易な表現で「人間釈尊」の姿が示されているほか、刊行に当たっては各対談の内容に関わる仏法の要点が追記され、入門者にも最適な一冊。

定価2970円、佼成出版社(電話03・5385・2323)刊。

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ

ブッダのお弟子さん にっぽん哀楽遊行 タイ発――奈良や京都へ〈影〉ふたつ…笹倉明著

2月22日

タイ・チェンマイの古寺にて67歳で出家した直木賞作家が、その1年後の2017年春と18年秋の2回、寺の副住職と連れ立って日本を旅した記録が収められている。 「失敗や間違い…

日本仏教に未来はあるか

日本仏教に未来はあるか…平岡聡著

2月21日

「日本仏教は、これからの社会で生き残ることができるのか」――。仏教研究者で僧籍を持つ著者が日本仏教の問題点を取り上げ、未来に向けて提言する。2022年の第46回全日本仏教…

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳

古墳と壁画の考古学 キトラ・高松塚古墳…泉武・長谷川透著

2月20日

1972年3月、奈良県明日香村の高松塚古墳石室で日本初の古墳壁画が見つかった。極彩色の壁画は人々を魅了し、考古学における「世紀の大発見」となった。その11年後の83年には…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加