PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

二尊院の二十五菩薩来迎図…小倉山二尊院編著

2023年11月21日 16時42分
二尊院の二十五菩薩来迎図

「嵯峨三名跡」に数えられ、京都嵐山の紅葉の名所として知られる天台宗の古刹小倉山二尊教院華台寺は、同寺所蔵の「二十五菩薩来迎図」(以下「来迎図」)の修繕を京都国立博物館の協力のもと約3年間にわたって行った。その保存修理報告書かつ研究書として、本書は刊行された。

百人一首にも詠われた「小倉山」の麓にある二尊院は、釈迦如来と阿弥陀如来の二尊を本尊とすることで有名。ただしこの「来迎図」は、これまで保存の観点から公開されることはまれで、知る人ぞ知る寺宝となっていた。室町時代に宮廷の絵師として活躍した土佐派の祖・土佐行広の大作で、重要美術品の認定も受けた歴史的な名幅だ。来迎図というと阿弥陀如来を中心に来迎の光景が一幅に描かれているものが圧倒的に多い中、この「来迎図」には阿弥陀如来は登場せず、二十五菩薩に地蔵菩薩と竜樹菩薩を加えた27の菩薩が来迎する様子を17幅に分けて描く非常に珍しい構成を取る。

本書は美術、歴史、科学調査など各分野の専門家による論考を収録する。平安・鎌倉仏画の表現手法を踏襲しつつ、室町時代ならではの表現感覚をも加えたこの名幅の美を、新たに撮り下ろした高精細画像により、余すところなく紹介している。

定価4180円、国書刊行会(電話03・5970・7421)刊。

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線

歴史と地域のなかの神楽 神楽研究の最前線…八木透・斎藤英喜・星優也編

4月15日

民俗学、芸能史、修験道史、中世文学、人類学など様々な専門家が神楽に関心を寄せている中、本書は研究の「さらなる深化」を目指して編纂された。神楽の論集でありながら吉田神道の神…

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教

仏教学者、キリスト教徒の問いに答える 日本の自然と宗教…立川武蔵著 キャサリン・スパーリング聞き手

4月12日

キリスト教徒のアメリカの友人からの質問に、日本の仏教学者が答える。質問者は日本文化に関して幅広く深い知識を持っている。答える側は、宗教について「聖なるものと俗なるもの」「…

日本中世の地方社会と仏教寺院

日本中世の地方社会と仏教寺院…黄霄龍著

4月11日

著者は本書の課題について「日本中世の地方社会は、どの側面で国家的秩序に規定されるか、あるいは否かを、一つの地域に絞って解明することである。規定される面に関しては、地方側は…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加