PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

摺袈裟のお守り「九条袈裟」を再版 貝葉書院

産業2020年4月22日 16時22分
摺袈裟のお守り「九条袈裟」を再版

「鉄眼版大般若経」など木版手刷りの経本・講本を出版・販売する貝葉書院(京都市中京区)は、摺袈裟のお守り「金胎法曼荼羅・九条袈裟」の再版を始めた。金剛界・胎蔵界の種子曼荼羅を1枚の不織布に収め、お守りとして所持することで除災招福の御利益があるという。

江戸時代末期に開版した版木からの摺り物を基に、縦32センチ、横80センチの不織布に両部曼荼羅の仏・菩薩・明王・天部の梵字を網羅して印刷している=写真。

広く仏縁を結ぶものとして、かつては僧侶がまとう袈裟に縫い込んだり、供養のために遺骨を包んで埋葬したりしたほか、病人が寝起きする布団の下に敷いて病気平癒を願うなど、様々な使われ方をしたという。

再版に当たっては不織布に印刷したことで、折り畳みが容易になり、持ち運びしやすく包みやすくなった。

販売価格は1体600円(税別)。開眼された九条袈裟は別価格で販売している。

また携帯用の金襴の袋も別売りで販売している。

問い合わせは同社=電話075(231)0919。

お盆に向け小型線香新発売

お盆に向け小型線香新発売 日本香堂

5月29日

日本香堂(東京都中央区)は今春、「宇野千代のお線香 淡墨の桜」の小型版を発売した。需要が高まっている「ミニ線香」市場に同社屈指の人気ブランドを投入し、お盆の需要拡大に備え…

新たな永代供養に納骨壇を

新たな永代供養に納骨壇を 京都唯心庵

5月28日

仏具の製造販売や納骨施設のプロデュースを手掛ける京都唯心庵(京都市下京区)は「墓じまい」などの事態に対応し、初期費用を抑えて納骨壇運営を可能にする「常楽塔キット」をこのほ…

法隆寺金堂壁画をデジタル化

法隆寺金堂壁画をデジタル化 便利堂

5月27日

美術印刷・美術出版を手掛ける便利堂(京都市中京区)は、法隆寺金堂壁画を撮影したガラス原板画像のデジタル化事業を同寺などと進めている。 この写真は1935年に同社が撮影した…

新しい生活様式と宗教 IT時代の在り方の確立を

社説5月29日

21世紀の宗教的課題 どの課題と取り組むか

社説5月27日

問われる宗門の役割 「コロナ後」の法灯継承

社説5月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加