PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
お知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

工夫凝らしたアフロの仏像 石彫家・長岡和慶氏

産業2020年7月29日 10時47分
工夫凝らしたアフロの仏像

愛知県岡崎市の石彫家・長岡和慶氏はこのほど、珍しい髪形で知られる「五劫思惟阿弥陀如来坐像」を制作し、同県西尾市の浄土宗浄名寺に納入した=写真。同県安城市に住む篤信家親子から同寺に寄進の申し出があり、長岡氏が約半年をかけて完成させた。

五劫思惟阿弥陀如来は、衆生を救うため48の誓願を立てた法蔵菩薩が「五劫」という長い時間の思惟を経て、阿弥陀仏になった姿とされる。仏像としては、京都・同宗大本山金戒光明寺や奈良・華厳宗大本山東大寺など十数体しか現存する作例がないといい、近年は若者から「アフロヘアーの仏像」などと注目を集めたこともある。

長岡氏の作品は、台座を含めた総高が約2メートル。現存する作例などを参考にしながら、如来の特徴を示す「三十二相八十種好」に基づいて肩の肉付きを良くしたほか、定印の印相を袖の下に隠さないように表現するなど工夫した。また、特徴的な螺髪を強調するために細身で小顔の姿にしたいとの同寺と施主の要望にも対応した。

「施主とお寺の希望をできる限り受け入れながら、特徴ある尊像を完成させることができた。ほかのどこにもない、『浄名寺型』の五劫思惟阿弥陀如来像ができたと自負している」と述べる。納入後は、同寺の近所の人たちも「すごい仏像がやって来た。毎日手を合わせに行く」と喜んでいるという。

アマビエの線香 病退散に

アマビエの線香 病退散に 奥野晴明堂

7月30日

線香の製造販売を手掛ける奥野晴明堂(堺市堺区)はこのほど、新型コロナウイルスの流行をきっかけに注目されている妖怪「アマビエ」をモチーフにした「アマビエ祈願線香シリーズ」を…

18金の仏鈴復刻

18金の仏鈴復刻 ギンザタナカ

7月28日

貴金属製造・販売大手のギンザタナカ(東京都中央区)はこのほど、18金のたまゆら型仏鈴「18金仏鈴 たまゆら」を発売した=写真。かつて好評を博したモデルの復刻版で、金ならで…

水銀鍍金の工房開設

水銀鍍金の工房開設 若林工芸舎

7月27日

文化財修理や寺社の内装・外装工事を手掛ける若林工芸舎(京都市下京区)は昨年秋、金具の表面に金を固着させる伝統技法「水銀鍍金」の工房を同市山科区内に開設し、文化財修理と技術…

どこに希望があるか 核軍事体制とコロナ後の世界

社説7月31日

愛国心の悪用 共生に逆らう動き警戒を

社説7月29日

やまゆり園事件4年 社会に広がる優生思想

社説7月22日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加