PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

仏壇供養、関係者に限定し開催 京都府仏具協同組合商部青年会

産業2020年8月27日 11時32分

京都府仏具協同組合商部青年会は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため毎秋恒例「仏壇供養会」を中止し、代替の「供養法要」を9月27日に嵯峨釈迦堂(清凉寺、京都市右京区)で営む。参列は主催団体関係者に限定し、本堂内の法要のみとする。例年の境内での仏壇の焚き上げは行わず、仏壇の持ち込み参加は不可としている。

毎年9月の最終日曜に嵯峨釈迦堂で営まれる仏壇供養会では、役目を終えて引き取られた仏壇を焚き上げて供養している。母体の京都府仏具協同組合をはじめとする関連団体の協賛・後援を受け、これまでに42回開いている。

最近は加盟店以外からの持ち込み参加が増加傾向にあり、参加者が100人を超えることもあるという。コロナ禍にあって感染リスクが懸念される中、商部青年会役員と関係団体が協議を重ね、規模を大幅に縮小した供養法要の実施となった。

商部青年会の藤田卓也会長(三法堂)は「仏壇供養会は参列者が年々増加し、皆さまの心の拠り所になっているのではと感じます。1年間に組合加盟店がお預かりした仏壇・仏具は、今回の供養法要でご供養させていただきます。来年の仏壇供養会は安心してご参加いただけるよう、感染防止の対策をしっかりと講じたいと思っています。引き続き仏壇供養会が皆さまの心の拠り所であり続けられるよう努力してまいります」と話している。

同会は、京都府仏具協同組合に加盟する小売り・卸店の若手経営者でつくる。仏壇供養会や会員の資質向上を図る研修会の開催、同組合が主催する展示会への出展・協力を主要な事業としている。

「雲中」の地蔵菩薩制作

「雲中」の地蔵菩薩制作 石彫家・長岡和慶氏

9月14日

愛知県岡崎市の石彫家・長岡和慶氏はこのほど、名古屋市に住む篤信家の女性から依頼を受けて地蔵菩薩半跏坐像を制作し、同県西尾市の三ケ根山頂にある真言宗醍醐派三ヶ根観音太山寺に…

野外でも安心 本物そっくりお供え物好評

野外でも安心 本物そっくりお供え物好評 日本サンプル

9月12日

有名食品企業などの食品サンプルを製造・販売する日本サンプル(名古屋市中川区)が作ったお供え物が、本物そっくりと好評だ。 新型コロナウイルスの影響で主力取引先からの需要が大…

参詣者に飲料水 サーバーで提供を

参詣者に飲料水 サーバーで提供を ウォータースタンド

9月11日

ウオーターサーバーの販売を手掛けるウォータースタンド(さいたま市大宮区)は、寺社に水道直結タイプのサーバー型浄水器の設置を勧めている。参詣者が自由に飲料水を補給でき、ペッ…

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日

修行の聖域 伝統的形態を護るためには

社説9月16日

長い目で復興を 東日本大震災から9年半

社説9月11日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加