PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

美観再生により木造建築を長寿命化 万福

産業2020年9月10日 10時14分
美観再生により木造建築を長寿命化

京都市下京区の「万福」は木造建築物の美観を再生し維持する「常若施工」を通じて、木造建築物の「長寿命化」に取り組んでいる。

常若施工は滋賀県草津市のグランドラインが特許を持つ「エアー鉋」工法を柱とする木材の再生・長期保存処理の総称で、万福は施工代理店の一つ。

「払う・削る・剥ぐ・粗す」の1台4役のエアー鉋は、天然成分の植物性粉体と圧縮空気を混合させ対象物に噴射することで、木肌を傷めることなく木材表面の汚れや腐朽菌、劣化層、劣化塗膜などをミクロ単位で除去することができ、施工時間を大幅に短縮できるという=写真。これまでになかった乾式工法で国宝級の文化財の保存・修復で採用実績がある。

長期保存処理では、きれいになった木材表面に塗装やコーティング、ホウ素系薬剤による表面処理を施し、紫外線による劣化予防や防腐・防蟻(シロアリ防除)効果などを高め、長寿命化を図る。天然鉱物のホウ酸を使った常若施工の防腐・防蟻処理は人体に優しく安全で建物全体に処理できる上、効果が半永久的であるため農薬系薬剤のように5年ごととされる再処理が不要で維持コストを抑えることができる。

腐朽菌やシロアリによる被害は深刻で、近年は従来の農薬系薬剤による床下だけのシロアリ対策では対処できない事例も見られる。海外における防蟻対策は農薬系薬剤による処理を禁止する流れにあり、古くからホウ酸処理が採用されているという。

木材劣化診断士・木材保存士の資格を持つ万福代表の万福公至氏は「美観維持は木造建築物の長寿命化につながる。対症療法的に修復するのではなく、これからは修復を回避する『予防』が重要になる」と話す。同社は近畿地方を中心に施工実績がある。他地域については対応可能なケースもあり要相談としている。

問い合わせは同社=電話050(7100)0733、ホームページ 万福

「雲中」の地蔵菩薩制作

「雲中」の地蔵菩薩制作 石彫家・長岡和慶氏

9月14日

愛知県岡崎市の石彫家・長岡和慶氏はこのほど、名古屋市に住む篤信家の女性から依頼を受けて地蔵菩薩半跏坐像を制作し、同県西尾市の三ケ根山頂にある真言宗醍醐派三ヶ根観音太山寺に…

野外でも安心 本物そっくりお供え物好評

野外でも安心 本物そっくりお供え物好評 日本サンプル

9月12日

有名食品企業などの食品サンプルを製造・販売する日本サンプル(名古屋市中川区)が作ったお供え物が、本物そっくりと好評だ。 新型コロナウイルスの影響で主力取引先からの需要が大…

参詣者に飲料水 サーバーで提供を

参詣者に飲料水 サーバーで提供を ウォータースタンド

9月11日

ウオーターサーバーの販売を手掛けるウォータースタンド(さいたま市大宮区)は、寺社に水道直結タイプのサーバー型浄水器の設置を勧めている。参詣者が自由に飲料水を補給でき、ペッ…

オンラインの発信 宗教文化リテラシーの重要性

社説9月25日

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日

修行の聖域 伝統的形態を護るためには

社説9月16日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加