PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

「雲中」の地蔵菩薩制作 石彫家・長岡和慶氏

産業2020年9月14日 11時01分
「雲中」の地蔵菩薩制作

愛知県岡崎市の石彫家・長岡和慶氏はこのほど、名古屋市に住む篤信家の女性から依頼を受けて地蔵菩薩半跏坐像を制作し、同県西尾市の三ケ根山頂にある真言宗醍醐派三ヶ根観音太山寺に納めた=写真。

同寺に納められた長岡氏の石仏は、今回の地蔵菩薩で56作目になるという。

この女性は、亡くなった2人のおいを供養したいと制作を依頼した。これまでにも、両親や夫の供養のために石仏を制作してもらい、同寺に納めてきたという。

長岡氏は、故人への女性の思いを造形化しようと考え、地蔵尊の左右にオリジナルの雲中菩薩をあしらった。通常は、ひな型などを基に彫り進めるが、今回は彫りながら形を決める「直彫り」の技法を採用した。

地蔵菩薩像は総高約90センチ、石材は花沢石。雲中菩薩の姿は、向かって左側の像が両手で宝珠を抱えるように持つのに対して、反対側の像は合掌印を結んで顔を外側に向けている。

顔が外側を向いているのは、自分を必要とする者が現れるのを待つ姿といい、長岡氏は「2体の雲中菩薩で亡くなった2人のおいを表現した。中尊のお地蔵さんと一緒に女性を見守り、衆生済度に尽くしていただければ」と話している。

野外でも安心 本物そっくりお供え物好評

野外でも安心 本物そっくりお供え物好評 日本サンプル

9月12日

有名食品企業などの食品サンプルを製造・販売する日本サンプル(名古屋市中川区)が作ったお供え物が、本物そっくりと好評だ。 新型コロナウイルスの影響で主力取引先からの需要が大…

参詣者に飲料水 サーバーで提供を

参詣者に飲料水 サーバーで提供を ウォータースタンド

9月11日

ウオーターサーバーの販売を手掛けるウォータースタンド(さいたま市大宮区)は、寺社に水道直結タイプのサーバー型浄水器の設置を勧めている。参詣者が自由に飲料水を補給でき、ペッ…

美観再生により木造建築を長寿命化

美観再生により木造建築を長寿命化 万福

9月10日

京都市下京区の「万福」は木造建築物の美観を再生し維持する「常若施工」を通じて、木造建築物の「長寿命化」に取り組んでいる。 常若施工は滋賀県草津市のグランドラインが特許を持…

オンラインの発信 宗教文化リテラシーの重要性

社説9月25日

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日

修行の聖域 伝統的形態を護るためには

社説9月16日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加