PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

袈裟・造り花 丁寧な染め上げ 染司よしおか

産業2021年2月2日 09時31分
袈裟・造り花 丁寧な染め上げ

江戸時代創業の染織工房・染司よしおか(京都市東山区、吉岡更紗代表)は、染めの技術で袈裟をはじめとする装束や寺社の行事で使う「造り花」などを制作する。

絹・麻・木綿などの天然素材を植物由来の染料と工房がある伏見の良質な水を使って手作業で丁寧に染め上げる=写真。化学染料を一切使わないので環境にも人体にもやさしい。

伝統色の研究や織物の復元など学術的な仕事にも取り組み、奈良・東大寺の伎楽装束の制作などを手掛ける。これまでの実績を生かし、正倉院宝物の伝聖武天皇着用「糞掃衣」を参考にした七条袈裟を制作した。

この七条袈裟は高野山別格本山三宝院の飛鷹全隆住職(東寺真言宗総本山教王護国寺長者)に納められた。一昨年の高野山真言宗総本山金剛峯寺第520世寺務検校執行法印就任に際して新調され、植物の色で染め分けた生地をつなぎ合わせて「遠山」と呼ばれる山が連なる景色などを表現した。

造り花は染めた和紙で作った花で、東大寺のお水取りや京都・石清水八幡宮の石清水祭、奈良・薬師寺の花会式などで使われる。同店は装束に限らず染めに関する作業を請け負っている。

現在、京都市左京区の細見美術館で特別展「日本の色―吉岡幸雄の仕事と蒐集」を開催中。2019年に急逝した先代・幸雄氏の回顧展で、染織家、染織史家として活躍した業績をたどる。4月11日まで。

問い合わせは同店=電話075(525)2580。

長岡氏が紹介されているページ

海外向け書籍で代表作や経歴紹介 石彫家・長岡和慶氏

2月26日

愛知県岡崎市の石彫家・長岡和慶氏が、海外向けに日本の画家らを紹介する書籍『The encyclopedia of Modern Japanese Artists』(近代日…

様々な「和のますくす」と矢口社長

表地正絹100%、西陣織御召マスクが好評 聚秀軒

2月25日

伝統工芸品の販売やリデザイン事業などを手掛ける京都市上京区の聚秀軒が発売中の京都西陣織御召マスク「和のますくす」が好評だ。御召とは、宮家や将軍が古来身に着けていたことによ…

笑顔を検知すると手指消毒

笑顔を検知すると手指消毒 マイネム

2月24日

笑顔を検知すると除菌液が出てくる一風変わった消毒装置「エミーウォッシュ」=写真=が寺院に設置され、反響を集めている。浄土真宗東本願寺派緑泉寺(東京都台東区)が昨年秋に導入…

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

社説2月24日

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

社説2月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加