PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

「お墓」に近い家族型納骨壇 京都唯心庵

産業2021年2月4日 09時47分
「お墓」に近い家族型納骨壇

荘厳仏具・納骨壇の製造販売や導入・運営を手掛ける京都唯心庵は、墓地様式の家族型納骨壇「常楽壇」を発売した。

常楽壇は箱型の納骨スペースの上部に礼拝部を設置した構造で、上部礼拝部に名号・題目や法名・戒名・家名、場合によっては故人へのメッセージなどを記すことができる。仏具職人によって荘厳に仕上げられている。

家族単位で納骨供養ができ、お墓の感覚に近く、塔婆を立てても違和感がない。仏壇様式でもロッカー様式でもない、日本古来の弔いの光景をほうふつとさせる納骨壇といえる=写真。

標準サイズは高さ167㌢、横幅・奥行きは共に45㌢で、30基以上の購入で上部礼拝部のオリジナル作成も可能。

同社の個人向け納骨壇「常楽塔」(高さ25㌢、横幅・奥行き10㌢)との併用で、檀信徒の多様なニーズに対応できる。

山田富美男社長は「墓地様式の常楽壇が並ぶ光景は、初めて見たのに懐かしく感じられる方も多いはず。日本人の弔いの心に響く納骨供養として提案した」と話す。

問い合わせは同社=フリーダイヤル(0120)121279。

長岡氏が紹介されているページ

海外向け書籍で代表作や経歴紹介 石彫家・長岡和慶氏

2月26日

愛知県岡崎市の石彫家・長岡和慶氏が、海外向けに日本の画家らを紹介する書籍『The encyclopedia of Modern Japanese Artists』(近代日…

様々な「和のますくす」と矢口社長

表地正絹100%、西陣織御召マスクが好評 聚秀軒

2月25日

伝統工芸品の販売やリデザイン事業などを手掛ける京都市上京区の聚秀軒が発売中の京都西陣織御召マスク「和のますくす」が好評だ。御召とは、宮家や将軍が古来身に着けていたことによ…

笑顔を検知すると手指消毒

笑顔を検知すると手指消毒 マイネム

2月24日

笑顔を検知すると除菌液が出てくる一風変わった消毒装置「エミーウォッシュ」=写真=が寺院に設置され、反響を集めている。浄土真宗東本願寺派緑泉寺(東京都台東区)が昨年秋に導入…

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

社説2月24日

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

社説2月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加