PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

バリアフリーの会館設計 長野・曹洞宗長興寺 中村建築研究所

産業2021年2月10日 15時17分
バリアフリーの会館設計 長野・曹洞宗長興寺

寺社建築の設計・監理を行う中村建築研究所(長野市)が設計した曹洞宗長興寺(長野県塩尻市)の新会館がこのほど完成した=写真。施工は守谷商会(同県松本市)。

木造平屋一部2階建て、銅屋根平葺き・寄せ棟造り。幅13間、奥行き10間、高さ10㍍、床面積444・84平方㍍。

新会館は広さ90畳の大広間があり、30畳ずつ3分割して使える。それぞれの部屋に椅子とテーブルが配置され、開放的なガラス戸からは江戸中期に造られた見事な庭園を眺めることができる。

寺務所と庫裡は使いやすさを考えた造りで、玄関の受付は参拝者の動線や目線の高さを考えた設計になっている。会館内は高齢者に優しいバリアフリー。本堂と接続棟と新会館を結ぶ長さ50㍍の直線の畳廊下は壮観で広々としたたたずまいを印象づける。

今回は参道のアスファルト舗装工事も行い、総工費は約2億3千万円。

牧野英俊住職は「本堂、開山堂、奥書院に続き新会館も中村建築研究所に設計・監理をお願いして良かった」と話す。

寺社建築の問い合わせは同社=電話026(235)1171。

長岡氏が紹介されているページ

海外向け書籍で代表作や経歴紹介 石彫家・長岡和慶氏

2月26日

愛知県岡崎市の石彫家・長岡和慶氏が、海外向けに日本の画家らを紹介する書籍『The encyclopedia of Modern Japanese Artists』(近代日…

様々な「和のますくす」と矢口社長

表地正絹100%、西陣織御召マスクが好評 聚秀軒

2月25日

伝統工芸品の販売やリデザイン事業などを手掛ける京都市上京区の聚秀軒が発売中の京都西陣織御召マスク「和のますくす」が好評だ。御召とは、宮家や将軍が古来身に着けていたことによ…

笑顔を検知すると手指消毒

笑顔を検知すると手指消毒 マイネム

2月24日

笑顔を検知すると除菌液が出てくる一風変わった消毒装置「エミーウォッシュ」=写真=が寺院に設置され、反響を集めている。浄土真宗東本願寺派緑泉寺(東京都台東区)が昨年秋に導入…

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

社説2月24日

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

社説2月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加