PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

抗ウイルスの御夏扇を販売 遠藤新兵衛商店

産業2021年2月15日 10時33分
抗ウイルスの御夏扇を販売

西本願寺門前で御扇子の製造卸を手掛ける遠藤新兵衛商店(京都市下京区)は、抗ウイルス効果がある「漆喰御夏扇」を販売している。

扇面に抗ウイルス・抗菌効果がある漆喰を塗布し、職人が手作業で御夏扇に仕立てた=写真。

漆喰にはウイルスや菌の不活化、消臭作用のほか有害物質の無害化といった効果もあるという。手で触れても人体に影響はなく、抗ウイルス効果は国立大学の研究所などで検証されている。

法話や檀家参りの際、口元を覆い隠すように使えば飛沫の飛散が抑えられ、感染症の予防につながる。

同店の遠藤晋輔氏は「今後も続くと予想されるウィズコロナの時代において、いつもと同じ日常を継続しつつ感染拡大を少しでも抑えるための手助けとなるアイテムになればと調製した」と話す。

同店は江戸時代・安永年間(1772~81)の創業で、当代は八代目遠藤新兵衛。法要などで僧侶が携える御中啓や御夏扇を中心に製造卸をしている。

問い合わせは同店=電話075(351)1367。

ウイルス不活化のナノゾーンコートを唐招提寺などに施工

ウイルス不活化のナノゾーンコートを唐招提寺などに施工 プラスワン

4月28日

不動産業の「PLUSONE(プラスワン)」(京都市上京区)は新型コロナウイルス不活化が見込まれる「ナノゾーンコート」を寺院に推奨している。 光の照射により抗ウイルス作用を…

安全な除草剤「エイトアップ」

雑草を安全に枯らす除草剤 チャレンジサービス

4月28日

5~6月は除草に適した時期とされる。チャレンジサービス(埼玉県深谷市)が販売する除草剤「エイトアップ」は、アミノ酸とリン酸を主成分とし、雑草に散布して過剰な養分を与えるこ…

生地に抗ウイルス加工 春秋向けの法衣用白衣

生地に抗ウイルス加工 春秋向けの法衣用白衣 安本武司商店

4月28日

繊維総合卸・法衣縫製を手掛ける安本武司商店(安本賀一社長、京都市下京区)は、生地に抗ウイルス加工を施した春秋向けの法衣用白衣=写真=を新発売した。改良衣や布袍の下に着用す…

求められる危機管理 震災での悲劇を教訓に

社説5月12日

コロナ下の行動 問われる良識に基づく自律

社説5月7日

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代

社説4月28日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加