PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

笑顔を検知すると手指消毒 マイネム

産業2021年2月24日 16時04分(2021年3月3日 11時05分更新)
笑顔を検知すると手指消毒

笑顔を検知すると除菌液が出てくる一風変わった消毒装置「エミーウォッシュ」=写真=が寺院に設置され、反響を集めている。浄土真宗東本願寺派緑泉寺(東京都台東区)が昨年秋に導入した。

端末にはマスクの上からでも人の笑顔を判別できる顔認証システムを搭載し、口角を上げるなどして笑顔を作ると端末が青く光り、手指用の除菌液を噴出する。

同寺の青江覚峰住職は「穏やかな笑顔をつくるという点が、仏教の『和顔施』に通じる。笑顔を作って人を幸せにすることがコロナ禍の不安に代われば」と話す。

利用回数が増えれば、公共施設の感染症対策に役立つ。端末内で笑顔の認証回数を記録しており、1回の笑顔で0・5円分を積み立てている。各所に設置されている端末から5万円分の記録が集まると、教育機関に1台無償設置を行う。

利用登録料に当たる「お世話がかり」への費用が1万円、350回分の除菌液を毎月1本配送する利用料が年間4万2千円と除菌装置としては高額だが、笑顔を集めて感染症対策に貢献するコンセプトに共感した宿泊施設や自治体などが導入を進めている。

この商品を展開するマイネム(同港区)の末吉隆彦・代表取締役は、大手電機メーカーでデジタルカメラなどに搭載される笑顔検出機能の応用研究開発の経歴を持つ。エミーウォッシュには「ほほ笑み」に加え、経済(エコノミー)を循環させるという意味を込めた。

末吉氏は「笑顔と同時にお金も回ることが重要。笑顔の循環経済によって社会課題を解決していきたい」としている。

販売代理店から購入可能。詳しくはエミーウォッシュ公式サイトへ。

新工場で擬石の狛犬など製造

新工場で擬石の狛犬など製造 宮匠永田神器

7月19日

社殿や神具の製作を手掛ける宮匠永田神器(大阪市福島区、以下・宮匠)は大阪府松原市に新工場を開設した。昨年末に本社工場から擬石の製造部門を移し、このほど本格的に稼働し始めた…

昔のバラバラの写真をAI機能を使ってデータ化し整理が可能に

古い写真データ化し時系列に整理 フォトバンク

7月16日

「段ボール箱に入った古い写真が整理できずに困っている」という悩みをすっきり解決してくれるサービスがある。 「節目写真館」というフォトバンク(東京都台東区)が提供する写真整…

仁和寺で好評の切り絵の御朱印

仁和寺で好評の切り絵の御朱印 エルターナル

7月15日

真言宗御室派総本山仁和寺(京都市右京区)で、切り絵が施された限定の御朱印=写真=が人気を博している。6月19日に頒布が始まると、わずか2日で千枚以上を売り上げる盛況で、コ…

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要

社説7月21日

多様化する葬祭 問うべきは宗学上の意味

社説7月16日

道心堅固の教え 現代の修行の亀鑑

社説7月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加