PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

表地正絹100%、西陣織御召マスクが好評 聚秀軒

産業2021年2月25日 09時15分
様々な「和のますくす」と矢口社長 様々な「和のますくす」と矢口社長

伝統工芸品の販売やリデザイン事業などを手掛ける京都市上京区の聚秀軒が発売中の京都西陣織御召マスク「和のますくす」が好評だ。御召とは、宮家や将軍が古来身に着けていたことにより命名された格式高い由緒ある織物の総称。

和のますくすは、表地に正絹100%、内生地に綿100%の素材を使用しており、通気性や肌触りが良く、和装にも洋装にも合わせやすい。

色合いは暖色系が中心。昨年末に黒、白系統が追加された。日本の伝統的な唐草文様や立涌文様、さらに正倉院御物に使用されているものを模した裂取文様や葡萄唐草文様などバリエーション豊かな柄がラインアップされている。

サイズはMとLの2種類。持ち運びに便利なオリジナル抗菌マスクケースが付いている。3千円(本体価格)から。

矢口修一朗社長は「マスクを通じて日本の文様や伝統文化を知ってもらえたら」と話している。

問い合わせは同社=電話075(606)5233。

ブレスレットと数珠の新商品

ブレスレットと数珠の新商品 神戸珠数店

3月30日

京念珠の製造卸を手掛ける神戸珠数店(京都市下京区)は今春、新商品を2種類発表した。 「数珠とアクセサリーの融合」をコンセプトにした「一凛」シリーズから「一凛ブレスレット」…

明治時代の狛犬「石茂型」を制作

明治時代の狛犬「石茂型」を制作 芳村石材店

3月29日

寺社の石工事などを手掛ける芳村石材店(京都市上京区)は先頃、依頼主の要望で北野天満宮(同区)の狛犬と同じ姿の狛犬を制作した=写真。 この狛犬は同店が「石茂型」と呼ぶもので…

エアー鉋で美観再生 木部の汚れを除去

エアー鉋で美観再生 木部の汚れを除去 浜屋

3月26日

仏壇・仏具の大手、浜屋(兵庫県姫路市)は、木部再生のための新技術「エアー鉋」工法により浄土真宗本願寺派西法寺(大阪市此花区)の山門の美観を再生した。 エアー鉋工法とはグラ…

寄付の文化 支え合いの心が足りぬ日本

社説4月14日

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える

社説4月9日

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること

社説4月7日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加