PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

太陽発電で光る扁額 災害時には目印に 小林金属興業

産業2021年3月16日 09時19分
太陽発電で光る扁額 災害時には目印に

アルミを中心とする金属加工を手掛ける小林金属興業(京都市南区)は、兵庫県宝塚市でデザインソーラーパネルを取り扱うエコフューチャーと共同し「光る扁額」=写真=を開発した。

昼間の太陽光を背面のソーラーパネルに受けて乾電池に蓄電し、その電気でLEDを発光させ導光板で拡散し、文字を照らし出す。LEDの発光時間はタイマー設定できる。小林金属興業は扁額のアルミ枠材を製作している。

災害時、寺社は人々の避難所となる。夜間に光る扁額があれば避難者の心強い目印になることから、エコフューチャーの協力を得て開発を進めてきた。

太陽光をエネルギーにしているため電気工事や配線設備が不要で、山間でも使用できる。メンテナンスは5年に1度の乾電池交換のみ。

小林金属興業の小林彰専務は「太陽光を使った扁額が今後、夜間に人々を導く希望になれば」と話している。

問い合わせは同社=電話075(691)2181。

新工場で擬石の狛犬など製造

新工場で擬石の狛犬など製造 宮匠永田神器

7月19日

社殿や神具の製作を手掛ける宮匠永田神器(大阪市福島区、以下・宮匠)は大阪府松原市に新工場を開設した。昨年末に本社工場から擬石の製造部門を移し、このほど本格的に稼働し始めた…

昔のバラバラの写真をAI機能を使ってデータ化し整理が可能に

古い写真データ化し時系列に整理 フォトバンク

7月16日

「段ボール箱に入った古い写真が整理できずに困っている」という悩みをすっきり解決してくれるサービスがある。 「節目写真館」というフォトバンク(東京都台東区)が提供する写真整…

仁和寺で好評の切り絵の御朱印

仁和寺で好評の切り絵の御朱印 エルターナル

7月15日

真言宗御室派総本山仁和寺(京都市右京区)で、切り絵が施された限定の御朱印=写真=が人気を博している。6月19日に頒布が始まると、わずか2日で千枚以上を売り上げる盛況で、コ…

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要

社説7月21日

多様化する葬祭 問うべきは宗学上の意味

社説7月16日

道心堅固の教え 現代の修行の亀鑑

社説7月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加