PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

太陽発電で光る扁額 災害時には目印に 小林金属興業

産業2021年3月16日 09時19分
太陽発電で光る扁額 災害時には目印に

アルミを中心とする金属加工を手掛ける小林金属興業(京都市南区)は、兵庫県宝塚市でデザインソーラーパネルを取り扱うエコフューチャーと共同し「光る扁額」=写真=を開発した。

昼間の太陽光を背面のソーラーパネルに受けて乾電池に蓄電し、その電気でLEDを発光させ導光板で拡散し、文字を照らし出す。LEDの発光時間はタイマー設定できる。小林金属興業は扁額のアルミ枠材を製作している。

災害時、寺社は人々の避難所となる。夜間に光る扁額があれば避難者の心強い目印になることから、エコフューチャーの協力を得て開発を進めてきた。

太陽光をエネルギーにしているため電気工事や配線設備が不要で、山間でも使用できる。メンテナンスは5年に1度の乾電池交換のみ。

小林金属興業の小林彰専務は「太陽光を使った扁額が今後、夜間に人々を導く希望になれば」と話している。

問い合わせは同社=電話075(691)2181。

抗菌効果ある天然石ブレスレット

抗菌効果ある天然石ブレスレット 中野伊助

10月18日

1764(明和元)年創業の老舗珠数店・中野伊助(京都市下京区)はこのほど、抗菌効果がある「銅」を珠にメッキ使用し、静電気軽減糸を使ったタッセルを組み合わせた天然石ブレスレ…

卒塔婆模したメッセージカード

卒塔婆模したメッセージカード 空間技研

10月15日

寺院境内の整備や高木の剪定を手掛ける空間技研(東京都北区)はこのほど、卒塔婆を模したメッセージカード「kotoba(コトバ)」を製作した=写真。故人への思いを書き入れ、寺…

天然素材の風合い、ストレッチ重視の作務衣

天然素材の風合い、ストレッチ重視の作務衣 寺の友社(まる友縫製部)

10月14日

寺院向けの商品サービスを取り扱う寺の友社(京都府宇治市)は昨年、法衣縫製と卸の部門「まる友縫製部」を立ち上げ、白衣や作務衣といったオリジナル商品を製造している。 このほど…

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ

社説10月15日

いのちは選べるか 生かすためになすべきこと

社説10月13日

コロナの出口戦略 冒険するか安全策を取るか

社説10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加