PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

お寺の収入減解消のため納骨堂開設を提案 寺院総研

産業2021年4月19日 10時49分
飛天の絵が描かれた「ロッカー式納骨堂」 飛天の絵が描かれた「ロッカー式納骨堂」

寺院総研(東京都千代田区)は、それぞれの寺院の予算や規模に合った最適な納骨堂の導入をアドバイスし、許認可や運営もサポート。「納骨堂でお寺の収入減を解消しませんか」と提案する。

自らも僧侶である同社の大洞龍徳社長は、少子高齢化の昨今、多くの寺院住職から「諸堂建築の際、檀信徒に寄付を頼みづらくなってきた」と相談を受けたことで、2020年3月に寺院コンサルタント会社の寺院総研を設立。納骨堂開設のノウハウを伝授し、寺院に少しでも資産が残るようアドバイスする事業を始めた。

納骨堂の開設は、墓の入手が困難な人々の悩みを解決し、寺院にとっても永代使用料や葬儀・法要の場が増え、収入減を解消できる。

「納骨堂は思い立ったらお参りに行ける気安さから、今や立派なお墓として選ばれる時代になった」として、寺院の境内や堂内の空きスペースの有効活用を勧める。

人気の納骨堂は大きく分けて「仏壇・ロッカー式」「移動棚式」「自動搬送式」の3種類。それぞれに利点があり、例えば仏壇・ロッカー式納骨堂は開山堂や後堂の空きスペースを有効活用したい寺院に。大きく事業展開するなら、大規模な自動搬送式納骨堂がお勧めだ。

無理なく始められる方法を一緒に考える無料相談を受け付け中。問い合わせは同社=電話03(5823)4311。

ウイルス不活化のナノゾーンコートを唐招提寺などに施工

ウイルス不活化のナノゾーンコートを唐招提寺などに施工 プラスワン

4月28日

不動産業の「PLUSONE(プラスワン)」(京都市上京区)は新型コロナウイルス不活化が見込まれる「ナノゾーンコート」を寺院に推奨している。 光の照射により抗ウイルス作用を…

安全な除草剤「エイトアップ」

雑草を安全に枯らす除草剤 チャレンジサービス

4月28日

5~6月は除草に適した時期とされる。チャレンジサービス(埼玉県深谷市)が販売する除草剤「エイトアップ」は、アミノ酸とリン酸を主成分とし、雑草に散布して過剰な養分を与えるこ…

生地に抗ウイルス加工 春秋向けの法衣用白衣

生地に抗ウイルス加工 春秋向けの法衣用白衣 安本武司商店

4月28日

繊維総合卸・法衣縫製を手掛ける安本武司商店(安本賀一社長、京都市下京区)は、生地に抗ウイルス加工を施した春秋向けの法衣用白衣=写真=を新発売した。改良衣や布袍の下に着用す…

コロナ下の行動 問われる良識に基づく自律

社説5月7日

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代

社説4月28日

多様性の尊重 標準を押し付けない社会

社説4月23日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加