PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

お寺の収入減解消のため納骨堂開設を提案 寺院総研

産業2021年4月19日 10時49分
飛天の絵が描かれた「ロッカー式納骨堂」 飛天の絵が描かれた「ロッカー式納骨堂」

寺院総研(東京都千代田区)は、それぞれの寺院の予算や規模に合った最適な納骨堂の導入をアドバイスし、許認可や運営もサポート。「納骨堂でお寺の収入減を解消しませんか」と提案する。

自らも僧侶である同社の大洞龍徳社長は、少子高齢化の昨今、多くの寺院住職から「諸堂建築の際、檀信徒に寄付を頼みづらくなってきた」と相談を受けたことで、2020年3月に寺院コンサルタント会社の寺院総研を設立。納骨堂開設のノウハウを伝授し、寺院に少しでも資産が残るようアドバイスする事業を始めた。

納骨堂の開設は、墓の入手が困難な人々の悩みを解決し、寺院にとっても永代使用料や葬儀・法要の場が増え、収入減を解消できる。

「納骨堂は思い立ったらお参りに行ける気安さから、今や立派なお墓として選ばれる時代になった」として、寺院の境内や堂内の空きスペースの有効活用を勧める。

人気の納骨堂は大きく分けて「仏壇・ロッカー式」「移動棚式」「自動搬送式」の3種類。それぞれに利点があり、例えば仏壇・ロッカー式納骨堂は開山堂や後堂の空きスペースを有効活用したい寺院に。大きく事業展開するなら、大規模な自動搬送式納骨堂がお勧めだ。

無理なく始められる方法を一緒に考える無料相談を受け付け中。問い合わせは同社=電話03(5823)4311。

卒塔婆印刷の実演(6月のエンディング産業展)

卒塔婆用のプリンターで簡単印刷 アルマーク

7月31日

印刷機の輸入販売を行うアルマーク(本社=大阪府吹田市)は、手書きの文字原稿を印刷できる「らくらく卒塔婆プリンター(APLINK MRX72 UV LED)」を販売している…

泉涌寺特別拝観の弁当が好評

泉涌寺特別拝観の弁当が好評 矢尾治

7月30日

各宗総大本山の精進料理と仕出しを手掛ける矢尾治(京都市下京区)は、同市の真言宗泉涌寺派総本山泉涌寺で行われている「プライベートプレミアム特別拝観」のオプションとして「松花…

8月18・19日に渉成園で仏具製造の技術展

8月18・19日に渉成園で仏具製造の技術展 京都唯心庵

7月29日

寺院仏具の企画・製造管理・販売を手掛ける京都唯心庵(京都市下京区)は8月18日と19日、真宗本廟(東本願寺)の飛地境内地・渉成園(同区)で、京仏具製造に関わる伝統技術を寺…

かつて日本が辿った道 香港民主派の大量辞職に憂慮

社説7月30日

いのちの重み伝える やまゆり園事件から5年

社説7月28日

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要

社説7月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加