PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

雑草を安全に枯らす除草剤 チャレンジサービス

産業2021年4月28日 09時49分
安全な除草剤「エイトアップ」 安全な除草剤「エイトアップ」

5~6月は除草に適した時期とされる。チャレンジサービス(埼玉県深谷市)が販売する除草剤「エイトアップ」は、アミノ酸とリン酸を主成分とし、雑草に散布して過剰な養分を与えることで生成メカニズムを崩し雑草を枯らす仕組みで、人間はもちろん犬や猫などのペットにも環境にも優しい安全な除草剤だ。

雑草が根から吸収した硝酸は、酵素の働きで亜硝酸からアンモニアに変わり、光合成で作られた炭水化物と結び付いてアミノ酸となる。さらにアミノ酸から植物体を作るタンパク質が作られる。エイトアップは、その生成を止める効果がある。

使用方法は、水で約100倍に薄めて雑草に散布するだけ。手軽に葉・茎・根まで枯らすことができる。散布後は、土の中で微生物によって薬効成分が自然分解されるため残留物が少なく、雑草が枯れた後には種まきや花の栽培などもできる。

エイトアップは大手薬品メーカーが開発した除草剤のジェネリック薬品(特許期限が切れた新薬と同じ有効成分で作られた薬品)であるため、安価で入手できるのも特長の一つ。

「エイトアップ500㍉㍑」1本で500平方㍍(約150坪)以上散布できる。4本セットで定価3260円(1本当たり同815円)。送料は別途。

注文・問い合わせは同社=電話048(584)2401=まで。

ウイルス不活化のナノゾーンコートを唐招提寺などに施工

ウイルス不活化のナノゾーンコートを唐招提寺などに施工 プラスワン

4月28日

不動産業の「PLUSONE(プラスワン)」(京都市上京区)は新型コロナウイルス不活化が見込まれる「ナノゾーンコート」を寺院に推奨している。 光の照射により抗ウイルス作用を…

生地に抗ウイルス加工 春秋向けの法衣用白衣

生地に抗ウイルス加工 春秋向けの法衣用白衣 安本武司商店

4月28日

繊維総合卸・法衣縫製を手掛ける安本武司商店(安本賀一社長、京都市下京区)は、生地に抗ウイルス加工を施した春秋向けの法衣用白衣=写真=を新発売した。改良衣や布袍の下に着用す…

運営サポート丁寧に 首都圏で販路拡大

運営サポート丁寧に 首都圏で販路拡大 永代供養墓普及会

4月28日

樹木葬や永代供養墓のニーズが急増する中、「永代供養墓普及会」を運営するエータイ(東京都千代田区)が首都圏を中心に提携寺院を増やしている。現在、約60カ寺で永代供養墓を運営…

コロナ下の行動 問われる良識に基づく自律

社説5月7日

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代

社説4月28日

多様性の尊重 標準を押し付けない社会

社説4月23日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加