PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

和装にぴったりの鼻緒付き「足袋靴」 山崎法衣店

産業2021年6月10日 14時19分
梅雨時に便利な新製品「足袋靴」 梅雨時に便利な新製品「足袋靴」

浅草の山崎法衣店(東京都台東区)が梅雨時に役立つ履物を開発した。法衣や作務衣など和装に合う鼻緒付きの靴で、その名も「足袋靴」という。

開発のきっかけは、除夜の鐘をつく際、足袋に雪駄を履いていた住職から「足が冷える。もっとスマートな履物はないかな」と言われたことだという。「ホール等の御影石の床は滑りやすい。滑りにくい履物があったらいいが」「雨よけ付きの雪駄は、かかとの部分が汚れる。汚れない履物がほしい」という声にも応えるため、同じ浅草にある革靴の製造販売会社「リフト」と相談し、2020年12月に試作品が完成した。

足袋靴は、白色の靴の外側に同色の鼻緒が付いた履物で、親指とそれ以外の指が分かれ、鼻緒の位置を親指側に寄せているため足袋のまま履ける。足首まですっぽり覆われるためかかとが汚れず、底材に滑りにくく摩耗しにくい素材を使用しており歩きやすい。作務衣の下衣を着用し足首まで隠れた状態で足袋靴を履くと、足袋に雪駄を履いているようにも見える。

「コロナ明けの団体参拝で住職が檀信徒を引率するときなどに重宝すると思います」と同店の山崎尚蔵社長は話す。

定価3万3千円。サイズは24・25・26・27㌢。

問い合わせは同店=電話03(3844)3990。

金属タイプの3種類の遺骨ペンダント

大切な人をいつも身近に 香る遺骨ペンダント 作島

6月11日

寺院用・一般用の仏具仏壇の製造販売などを手掛ける作島(京都市下京区)は学研と共同で、香りの遺骨ペンダントを発売した。 開発のきっかけは、学研が運営するアイテム情報誌『Ge…

緊急事態で延期の「寺院仏具展」 神戸で18日から 浜屋

6月9日

仏壇・仏具の大手、浜屋(本社・兵庫県姫路市)は緊急事態宣言の発令を受けて延期していた春恒例の「寺院仏具展」を、18日から24日まで神戸サンボーホール(神戸市中央区)で催す…

外出時のお年寄りの安否確認にQRコード付きキーホルダー

外出時のお年寄りの安否確認にQRコード付きキーホルダー スペースケア

5月24日

介護用品のレンタルサービスを行うスペースケア(千葉県船橋市)は、高齢者の外出時の見守りに役立つキーホルダー「おまもりくん」=写真=を使った安否確認システムの販売を始めた。…

コロナで相談急増 自死念慮者支える現場

社説6月11日

時の記念日 時間を尊び、守り、活かせ

社説6月9日

宗教施設の存続問題 法人解散も念頭に

社説6月4日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加