PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

大切な人をいつも身近に 香る遺骨ペンダント 作島

産業2021年6月11日 11時17分
金属タイプの3種類の遺骨ペンダント 金属タイプの3種類の遺骨ペンダント

寺院用・一般用の仏具仏壇の製造販売などを手掛ける作島(京都市下京区)は学研と共同で、香りの遺骨ペンダントを発売した。

開発のきっかけは、学研が運営するアイテム情報誌『GetNavi(ゲットナビ)』のウェブサイトを通じて作島が商品開発を依頼したことから。ペンダントは金属製と木製の2タイプ。

金属製はすっきりした四角のデザインで、ボディーは抗菌作用があるといわれる真鍮(銅合金)にシルバー(ロジウムメッキ)、ゴールド(磨き)、ブラウン(漆)を加工した3種類。底のねじを外し、中に細かく砕いた粉末状の遺骨を付属のさじとロートで収めることができる。内部にある木片にアロマなどの香りを付けると動きに合わせて香りが漂う。いずれも定価1万9800円。

木製は桜の木地を「桜」「薔薇」「エーデルワイス」の形に彫刻した3種類。金属製と同じく遺骨の粉を収められる。表面の彫り込み箇所にあるへこみにアロマ液を1、2滴垂らすと、自然の木々の葉が色づくように、ペンダントもアロマ色に薄く染まるという。いずれも定価4万2900円。

作島寛社長は「昨今、大切な人の亡き後、いつも身近に感じたいという声が増えてきました。その思いに寄り添い、購入された方の心が癒やされれば」と話す。

問い合わせは同社=電話075(341)3241。

釈迦三尊像の修復前㊤と修復後

現代科学活用し古仏修復 京都佛画研究所

9月27日

仏画制作・修復を手掛ける京都佛画研究所(京都市伏見区)は古画修復で培った技術・経験を生かし、古仏の修復に取り組んでいる。現代の科学技術を取り入れた精密な修復が高い評価を得…

子ども用防災BOXキット

子ども用防災BOXキット カスタネット

9月24日

オフィス家具やオフィス消耗品、防災用品などを販売するカスタネット(京都市南区)は、子ども用防災BOXキット「My絆BOX」を発売した。 無地の台紙の表面に子どもに絵を描い…

自然と工芸融合した厨子が特許登録

自然と工芸融合した厨子が特許登録 ホゥリーズ

9月22日

京仏具小堀(京都市下京区)が設立した「ホゥリーズ」が製造販売する厨子が特許登録された。 自然を意匠の拠り所とした厨子の形状は樹木の一部をくりぬき、その空間に漆塗りや金箔な…

欲望と宗教心 仏性は自覚されて働く

社説9月22日

「テロとの戦い」の錯誤 宗教者の平和活動の意義

社説9月17日

東京五輪の光と闇 開催理念の再確認を

社説9月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加