PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

10年ぶりカタログ商報刊行 京仏具・小堀

産業2021年6月23日 10時33分
10年ぶりカタログ商報刊行

京仏具・小堀(京都市下京区)は、真宗寺院を対象にカタログ『商報・京仏具第95号(要約版)』を発刊した=写真。10年ぶりに刊行された商報はA4判のカラー97㌻で『別製品・寺院用お仏具』『新製品・木目調お納骨壇』のパンフレット2冊と共に頒布している。

従来のカタログでは各製品に「最上」「極上」「特製」と等級を表示していたが、等級表記は業界共通のものではなく、今号から表示を取りやめ「仕様」についての記載を増やしている。意匠・材料・技法・産地などを詳細に記すことで、製品情報をより正確に伝える。

『商報・京仏具(要約版)』に掲載する製品は各品目とも推奨品の1種のみとし、それ以外については別製品として個別に対応するという。「御本尊・御掛軸」「ご本堂用お仏具」「造作お仏具」「ご本堂内装工事」などの項目があり、「荘厳感」や「耐久性」を重視した同社ならではの製品を紹介する。

『別製品・寺院用お仏具』は12㌻建てで『商報・京仏具(要約版)』とはグレードが異なり、即座に対応可能な製品を中心に掲載。『新製品・木目調お納骨壇』では、デザインにこだわり耐久性が高いスチール製の木目調納骨壇を中心に紹介している。

軽くて使いやすくなった商報は従来に比べて掲載点数を絞り込んだ格好だが、同社は「商報を参考にしながら打ち合わせの場で施主の意向を深く掘り下げ、幅広く最適な提案に努めたい」としている。

同社は1775(安永4)年に創業し、京都の真宗本廟(東本願寺)前に店舗を構える京仏具の老舗。

商報の送付など寺院からの問い合わせは同社=フリーダイヤル(0120)279595。

山田社長と、様々な漆塗りの見本が収まる額(後方上部)

フローリングなどに「うるし建材」活用を ヤマカ

10月19日

漆問屋のヤマカ(大阪市平野区)はフローリングや腰壁材として使える「うるし建材シリーズ」を製造販売している。 保護剤・接着剤の役割を果たす漆を材木に塗ることで、素地を傷める…

抗菌効果ある天然石ブレスレット

抗菌効果ある天然石ブレスレット 中野伊助

10月18日

1764(明和元)年創業の老舗珠数店・中野伊助(京都市下京区)はこのほど、抗菌効果がある「銅」を珠にメッキ使用し、静電気軽減糸を使ったタッセルを組み合わせた天然石ブレスレ…

卒塔婆模したメッセージカード

卒塔婆模したメッセージカード 空間技研

10月15日

寺院境内の整備や高木の剪定を手掛ける空間技研(東京都北区)はこのほど、卒塔婆を模したメッセージカード「kotoba(コトバ)」を製作した=写真。故人への思いを書き入れ、寺…

一人の選択と責任 地球の明日を生きるために

社説10月22日

AID出生者の苦悩 寄り添いと技術の歯止めを

社説10月21日

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ

社説10月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加