PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

八寒地獄含む『地獄絵図』高精細に複製 方丈堂出版

産業2021年9月13日 09時52分
八寒地獄含む『地獄絵図』高精細に複製

宗教図書の出版社、方丈堂出版(京都市伏見区)は、京都府福知山市の日本の鬼の交流博物館が所蔵する長谷川等舟作の『地獄絵図』(全2幅)を高精細に複製し、頒布を始めた。

地獄絵図には20の場面が描かれ、各地獄の様子が細やかな筆致で表現されている。特色として灼熱の「八大地獄」=写真右=と共に極寒の「八寒地獄」が4画面=同左=にわたって描かれていることが挙げられる。地獄絵図の中でも八寒地獄を詳細に伝えるものは少なく、希少な作品とされる。

作者の等舟(1818~71)は長谷川等伯の末裔で、長谷川派13代目とされる。高野山内の寺院の仏画を多数制作し、金堂脇壇に掛けられた弘法大師像と四社明神像の絵像を制作したと伝わる。しかしながら、等舟作とされる両絵像は共に1926年の金堂火災で焼失したという。

本紙寸法は幅63㌢、縦102㌢。軸装寸法は幅79㌢、縦188㌢。絵解きの手助けになる詳細な解説書、桐箱を付けて定価36万円。

問い合わせは同社=フリーダイヤル(0120)557750。

仏足石、文様表現細かく

仏足石、文様表現細かく 石彫家・長岡和慶氏

12月25日

石彫家・長岡和慶氏(愛知県岡崎市)はこのほど、神奈川県三浦市の浄土宗三樹院(今井正純住職)に「仏足石」を納品した=写真。2024(令和6)年に迎える浄土宗開宗850年を記…

意匠性も兼ね備えたチタン製屋根瓦

増上寺大殿に6万枚のチタン瓦 日本製鉄

12月24日

日本製鉄(東京都千代田区)の意匠性チタンTranTixxiiR〇(トランティクシー)を屋根瓦として採用した浄土宗大本山増上寺(東京都港区)大殿の葺き替え工事が、このほど竣…

「乳香」など厄除け効果のお香

「乳香」など厄除け効果のお香 二井三

12月23日

お香や線香・香皿などを製造販売する香彩堂の直営店・二井三(京都市東山区)はこのほど、古くから空間の浄化や厄除けの効果があるといわれてきた「乳香」や「ホワイトセージ」「パロ…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加