PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

自然と工芸融合した厨子が特許登録 ホゥリーズ

産業2021年9月22日 11時43分
自然と工芸融合した厨子が特許登録

京仏具小堀(京都市下京区)が設立した「ホゥリーズ」が製造販売する厨子が特許登録された。

自然を意匠の拠り所とした厨子の形状は樹木の一部をくりぬき、その空間に漆塗りや金箔など工芸技術を駆使した箱型部材を組み入れている。自然の造形を生かした厨子に仏像や位牌・形見・思い出の品などを祀ってプライベートな祈りの空間を形作る。手作りの一品もののため「作品」と呼び、古来自然物を信仰の対象としてきた日本人の心に訴え掛ける作風が注目を集めている。

登録された発明の名称は「仏壇等の祈りの対象物の置物」で、発明者の小堀賢一会長はコンセプトを「自然と工芸の融合」とし、「宗教用具・工芸技術に携わる者の責務として作品制作に取り組んだ」と思いを語る。

小堀がホゥリーズ設立前の2020年2月に特許出願し、今年7月6日に認められた。過去に仏壇仏具に使われる部品や改良で特許が認められたことはあったが、今回のように作品そのものが認められたのは初という。

「古くからあった自然への祈りと工芸を融合させた精神性豊かなものづくりの斬新性が評価され、特許に至ったと考えている」と話す。

ホゥリーズの作品は小堀が重要視する真宗を中心とした荘厳と対極にあるかのように映るが、小堀会長は「一人の人間が仏教教義にのっとった信仰と自然への祈りといった日本人古来の信仰を両方持っているので手を結ぶ相手である」とし、今後は卸を含めて普及に努めるという。

ホゥリーズの梅本卓爾社長は「協力店で展示していただき、多くの方の目に触れてほしい。特許登録は良い契機となった」と期待する。写真は小堀京都本店2階にあるホゥリーズ展示場で特許証を手にする梅本社長。

問い合わせは同社=電話075(600)7800。

仏足石、文様表現細かく

仏足石、文様表現細かく 石彫家・長岡和慶氏

12月25日

石彫家・長岡和慶氏(愛知県岡崎市)はこのほど、神奈川県三浦市の浄土宗三樹院(今井正純住職)に「仏足石」を納品した=写真。2024(令和6)年に迎える浄土宗開宗850年を記…

意匠性も兼ね備えたチタン製屋根瓦

増上寺大殿に6万枚のチタン瓦 日本製鉄

12月24日

日本製鉄(東京都千代田区)の意匠性チタンTranTixxiiR〇(トランティクシー)を屋根瓦として採用した浄土宗大本山増上寺(東京都港区)大殿の葺き替え工事が、このほど竣…

「乳香」など厄除け効果のお香

「乳香」など厄除け効果のお香 二井三

12月23日

お香や線香・香皿などを製造販売する香彩堂の直営店・二井三(京都市東山区)はこのほど、古くから空間の浄化や厄除けの効果があるといわれてきた「乳香」や「ホワイトセージ」「パロ…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加