PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

特集・散歩ときどき 仏教楽しむ情報誌 プロジェクト・ガモン

産業2021年9月28日 09時09分
特集・散歩ときどき 仏教楽しむ情報誌

仏教を楽しむ季刊情報誌『わげんせ』(プロジェクト・ガモン刊)第18号=写真=がこのほど発行された。

今号は「散歩ときどき仏教~悟りの道も一歩から~」を特集。誰もが気軽にできる健康的な楽しみ・散歩には実にたくさんの効能が秘められているとして、特集ではジャンルの異なる4人の“歩く人”を紹介する。

①「散歩の極意は道に迷うことにあり」と語る首都圏タウンガイド誌『散歩の達人』初代編集長の中村宏覚氏②「脳と心を元気にする」と歩く習慣の効用を説明する神経内科医で医学博士の米山公啓氏③「歩くことで悟りに近づいた」として「歩行禅」の効果と方法を説く金峯山修験本宗慈眼寺住職・大峯千日回峰行者の塩沼亮潤氏④病を克服して東京オリンピックの聖火ランナーを務め、「目標を持つことが奇跡へ向かう小さな一歩」と語る88歳の登山家の三浦雄一郎氏――に話を聞く。

連載は法話「遊戯三昧」、仏事マスターへの道「分骨したい、できない?」、なんとかなるさ「世間知らずも散歩して解消」、コラム「人生と遺品」、ひろみの仏像探訪記「法隆寺」。

同誌は読んだ人を笑顔にする“楽しい仏教情報誌”を目指して2017年に創刊。現在、賛助会員(法人)を募集中。年会費1口1万円(税・送料込み)で毎号、希望冊数(1口につき100冊まで)を届ける。

問い合わせは『わげんせ』編集部=電話03(3527)1226。

仏足石、文様表現細かく

仏足石、文様表現細かく 石彫家・長岡和慶氏

12月25日

石彫家・長岡和慶氏(愛知県岡崎市)はこのほど、神奈川県三浦市の浄土宗三樹院(今井正純住職)に「仏足石」を納品した=写真。2024(令和6)年に迎える浄土宗開宗850年を記…

意匠性も兼ね備えたチタン製屋根瓦

増上寺大殿に6万枚のチタン瓦 日本製鉄

12月24日

日本製鉄(東京都千代田区)の意匠性チタンTranTixxiiR〇(トランティクシー)を屋根瓦として採用した浄土宗大本山増上寺(東京都港区)大殿の葺き替え工事が、このほど竣…

「乳香」など厄除け効果のお香

「乳香」など厄除け効果のお香 二井三

12月23日

お香や線香・香皿などを製造販売する香彩堂の直営店・二井三(京都市東山区)はこのほど、古くから空間の浄化や厄除けの効果があるといわれてきた「乳香」や「ホワイトセージ」「パロ…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加