PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

御朱印帳蛇腹和紙を軽量化 早和製本

産業2021年11月16日 14時19分
約20%軽量化された「御朱印帳蛇腹和紙ライト」 約20%軽量化された「御朱印帳蛇腹和紙ライト」

墨が裏面に染み出ない御朱印帳を製造販売する早和製本(京都市南区)は販売中の「御朱印帳蛇腹和紙」を軽量化した新製品「御朱印帳蛇腹和紙ライト」を発売した。

蛇腹和紙ライトは、大判の御朱印帳の和紙部分(縦約18㌢、幅12㌢)50冊相当で、25冊分連続約70㍍が2列になって1ケースに入っている。表裏合わせ2400㌻になる。

従来品の購入者から「重い」との声が寄せられていたため、構造を見直し改良。従来品に比べ御朱印帳1冊分の重量は約20%軽くなり、厚みは約10%薄くなった。

和紙は品質の良い四国伊予産の奉書紙を使用。滑らかで心地良い書き味が実感でき、従来品同様に墨が裏面に染み出ない仕様になっている。定価1万2770円。

津岡正男社長は「コロナ禍なので蛇腹和紙ライトを購入し、思い思いの表紙を作り、自分だけの御朱印帳を作られている方も多い。パノラマスケッチブックや結婚式の寄せ書きなど使い方はさまざまなので、自由に使って楽しんでいただければ」と話している。

問い合わせは同社=電話075(693)3131。

昇龍テーマ 日本画18点を展示

昇龍テーマ 日本画18点を展示 宮絵師・安川如風氏

11月29日

寺社建造物の彩色・絵付けなどを手掛け「京の宮絵師」として知られる安川如風氏は6、7日、臨済宗妙心寺派大本山妙心寺(京都市右京区)に隣接する花園会館で開かれた「伝統工芸美術…

スティック土嚢を置いて浸水被害を抑える「浸水シャッター」

台風や豪雨への備えに「浸水シャッター」 関西化工

11月26日

大阪府吹田市の関西化工は、台風やゲリラ豪雨に際して浸水被害の発生を抑える「浸水シャッター」を製造販売している。高い止水効果を持ち、スピーディーに設置でき、建物などへの浸水…

介護施設でオンライン初詣

介護施設でオンライン初詣 凸版印刷

11月25日

凸版印刷(東京都文京区)は初詣に向けて、寺社から境内の様子を中継しリモートで参拝できるサービスを開発した。2022年1月6日には浄土宗大本山増上寺(=写真、東京都港区)で…

情報のTsunami 救済は全人的知に基づく

社説12月3日

WCRP50年 新たな10年へ行動目標

社説12月1日

見えざるものの力 死者との関係を取り戻す

社説11月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加