PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

台風や豪雨への備えに「浸水シャッター」 関西化工

産業2021年11月26日 09時53分
スティック土嚢を置いて浸水被害を抑える「浸水シャッター」 スティック土嚢を置いて浸水被害を抑える「浸水シャッター」

大阪府吹田市の関西化工は、台風やゲリラ豪雨に際して浸水被害の発生を抑える「浸水シャッター」を製造販売している。高い止水効果を持ち、スピーディーに設置でき、建物などへの浸水を防御する。

浸水シャッターは樹脂製のシートとスティック状の土嚢(スティック土嚢)を組み合わせたもの。セット一式の重量は13~15㌔ながら、止水能力は同社換算によると225㌔程度の土嚢に相当するという。

取り付けはシートの両端にスティック土嚢を置いて固定するだけ。シートの吸盤により平滑面に固定することでき、平滑面以外でも付属の養生テープで固定可能で取り付け簡単。低コスト、簡単施工で高い止水効果が得られるという。

価格は半間間口(横130㌢、縦70㌢)のシートとスティック土嚢5本(13㌔)のセットが6万9千円、一間間口(220㌢×70㌢)のシートとスティック土嚢6本(15㌔)のセットが7万5千円。寸法変更なども別途費用で可能という。

駐車場用には「スライド式浸水シャッター」があり、こちらはパネルを連結させて浸水を防御する。設置に当たっては事前にアンカー(地面に埋め込むボルト)施工工事が必要。幅3㍍、高さ0・5㍍で価格は44万円から(工事費は別途)。通路幅に応じたオーダー製作が可能だ。

開発担当者は「浸水シャッターは建築物を改造したくないという寺社に好評です。豪雨の際は倉庫や収蔵庫など建物の入り口に設置し、避難してください」と話す。

同社はバイオテクノロジーを駆使した水処理やリサイクルを中心に環境事業を展開し、SDGsを念頭に置いた事業にも取り組んでいる。浸水シャッターは水害対策事業の一環として開発された。

問い合わせは同社=電話06(6192)5830。

昇龍テーマ 日本画18点を展示

昇龍テーマ 日本画18点を展示 宮絵師・安川如風氏

11月29日

寺社建造物の彩色・絵付けなどを手掛け「京の宮絵師」として知られる安川如風氏は6、7日、臨済宗妙心寺派大本山妙心寺(京都市右京区)に隣接する花園会館で開かれた「伝統工芸美術…

介護施設でオンライン初詣

介護施設でオンライン初詣 凸版印刷

11月25日

凸版印刷(東京都文京区)は初詣に向けて、寺社から境内の様子を中継しリモートで参拝できるサービスを開発した。2022年1月6日には浄土宗大本山増上寺(=写真、東京都港区)で…

『卍正蔵経』と『卍續蔵経』 DVD-ROM発売へ 方丈堂出版

11月24日

宗教書籍の出版社、方丈堂出版は来年3月までに『日本校訂大蔵経(卍字蔵経)』の内容をデジタル化してDVD-ROMに収めた『卍正蔵経』と『大日本續蔵経(卍字続蔵)』のDVD-…

情報のTsunami 救済は全人的知に基づく

社説12月3日

WCRP50年 新たな10年へ行動目標

社説12月1日

見えざるものの力 死者との関係を取り戻す

社説11月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加