PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

春に向けた癒しの香りの置物 石黒香舗

産業2022年2月15日 15時11分
左近の桜(右端)などが並ぶ季節限定商品 左近の桜(右端)などが並ぶ季節限定商品

創業1855(安政2)年の「にほひ袋専門店」石黒香舗(京都市中京区)は、春に向けた季節限定商品を発売し、好評を得ている。商品は香りの置物で、「右近の橘」(定価7700円)、「扇ひなまつり」(同5720円)、「枝桃(衝立付き)」(同7700円)、「ひな人形」(同8800円)、「左近の桜」(同7700円)。全て黒台付き。枝桃以外は別売りの金屏風がある。

丹後ちりめんや西陣織で仕上げた。一つ一つ熟練した職人の手作業で作られている。下部は巾着になっており、白檀など天然香木約10種類を調合した「特製香」を詰めた匂い袋が入れられ、飽きのこない甘い香りや防虫効果が約半年続く。特製香は詰め替え用(別売り)もある。

商品のデザインは「匂い袋デザイナー」としてかつてテレビ番組にも出演した取締役の石黒洋子氏(67)と娘の真理子氏(36)が行った。

店舗には香りの置物や匂い袋、ストラップなどの定番商品のほか、その時々の季節限定商品など常時100点以上が彩り豊かに陳列されており、遠方から足を運ぶ顧客もいるという。

洋子氏は「コロナ禍で外出できずにたまったストレスを香りで癒やしていただければ」と話す。

問い合わせは石黒香舗=電話075(221)1781。

28日から名古屋で初の展覧会「伝統文化」展

28日から名古屋で初の展覧会「伝統文化」展 宮絵師安川

5月23日

寺社建造物の彩色・絵付けなどを手掛ける宮絵師安川(京都市左京区)の代表で「京の宮絵師」として知られる安川如風氏の展覧会「浄土の世界と荘厳の伝統文化」が28日から3日間、名…

ルーメンを塗る開発者の金子氏

剃髪後の頭皮のトラブルを予防 イーコア

5月20日

宗派により剃髪が欠かせない僧侶にとって、頭皮のトラブルは悩ましい問題だ。スキンヘッドは乾燥しやすい上に紫外線にさらされやすいため皮膚へのダメージが大きく、カサつきやフケ、…

「おりんちゃん」がカレンダーに登場

「おりんちゃん」がカレンダーに登場 植柳まちづくりプロジェクトチーム

5月19日

西本願寺(京都市下京区)の門前町を中心とした京都市の旧植柳学区の有志でつくる「植柳まちづくりプロジェクトチーム」のマスコットキャラクター「おりんちゃん」が「ゆるきゃらトリ…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加