PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

漆塗り仏具、艶よみがえる 福生

産業2022年2月25日 10時22分
施工前㊧と施工後㊨。呂色仕上げで厨子の扉の艶がよみがえる 施工前㊧と施工後㊨。呂色仕上げで厨子の扉の艶がよみがえる

足袋・寺院仏具など寺社向け用品の通販会社・福生(堺市西区)は、漆芸の高度な技法・呂色を使った「漆よみがえり技法」により寺院仏具を修復し、好評を得ている。同社の仏具職人が磨きと生漆の摺りこみを繰り返し、仏具の艶をよみがえらせる。

修復に当たっては、京都の一流職人が当て傷や塗り・木地の剥落・破損を補修後、呂色で丁寧に仕上げる。

この技法は須弥壇、前机、大壇など漆塗りの仏具を塗り直すよりも安価に施工可能で、黒色・朱色・溜色などあらゆる色に対応している。

辻本武玄社長は「今まであまり知られていない技法です。傷があり、ぼやけて白濁した塗り面が艶々によみがえります。修復・洗いと遜色ない仕上がりではるかに安価なため、施工いただいた各寺院から驚きの声を頂いています」と話す。

問い合わせは同社=フリーダイヤル(0120)290068。

28日から名古屋で初の展覧会「伝統文化」展

28日から名古屋で初の展覧会「伝統文化」展 宮絵師安川

5月23日

寺社建造物の彩色・絵付けなどを手掛ける宮絵師安川(京都市左京区)の代表で「京の宮絵師」として知られる安川如風氏の展覧会「浄土の世界と荘厳の伝統文化」が28日から3日間、名…

ルーメンを塗る開発者の金子氏

剃髪後の頭皮のトラブルを予防 イーコア

5月20日

宗派により剃髪が欠かせない僧侶にとって、頭皮のトラブルは悩ましい問題だ。スキンヘッドは乾燥しやすい上に紫外線にさらされやすいため皮膚へのダメージが大きく、カサつきやフケ、…

「おりんちゃん」がカレンダーに登場

「おりんちゃん」がカレンダーに登場 植柳まちづくりプロジェクトチーム

5月19日

西本願寺(京都市下京区)の門前町を中心とした京都市の旧植柳学区の有志でつくる「植柳まちづくりプロジェクトチーム」のマスコットキャラクター「おりんちゃん」が「ゆるきゃらトリ…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加