PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

香り付き御朱印帳 刺繍で名入れ可能 早和製本

産業2022年3月11日 16時50分
香り付き御朱印帳 刺繍で名入れ可能

墨が裏面に染み出ない御朱印帳を製造販売する早和製本(京都市南区)は22日、世界で一つだけの「香り付き名入れ御朱印帳」を発売する=写真。

西陣織の表紙の中に、京都の老舗香木店から取り寄せた匂い袋の代表的な香材(白檀・龍脳・桂皮・大茴香)がブレンドされて埋め込まれている。香りは上品で甘さがある。表紙のデザインは藍流水桜、黄流水桜、朱流水桜、黒流水桜の4種類のバリエーションから選べる。

購入者の名前を裏面の左下に刺繍して飾ることができる。刺繍の糸は金や銀などから選べる。商品にはQRコードのシールが付いており、実際の名入れ刺繍風景の動画をそのまま「ユーチューブ」で視聴できる。

本紙には品質の良い四国伊予産の奉書紙を使用。滑らかで心地良い書き味が実感でき、従来品と同様に墨が裏面に染み出ない仕様になっている。

1冊48㌻。厚さ16㍉、重さ330㌘。定価4800円。送料・代引き手数料無料。購入者の要望により、ページ数を最大480㌻まで増やすことも可能という。

津岡正男社長は「匂い袋の香材になる香木の歴史は日本書紀に書かれているほど古い。雅な古代の香りとともに、会話が弾んだ楽しい御朱印巡りをしてもらえたら」と話している。

問い合わせは同社=電話075(693)3131=まで。

28日から名古屋で初の展覧会「伝統文化」展

28日から名古屋で初の展覧会「伝統文化」展 宮絵師安川

5月23日

寺社建造物の彩色・絵付けなどを手掛ける宮絵師安川(京都市左京区)の代表で「京の宮絵師」として知られる安川如風氏の展覧会「浄土の世界と荘厳の伝統文化」が28日から3日間、名…

ルーメンを塗る開発者の金子氏

剃髪後の頭皮のトラブルを予防 イーコア

5月20日

宗派により剃髪が欠かせない僧侶にとって、頭皮のトラブルは悩ましい問題だ。スキンヘッドは乾燥しやすい上に紫外線にさらされやすいため皮膚へのダメージが大きく、カサつきやフケ、…

「おりんちゃん」がカレンダーに登場

「おりんちゃん」がカレンダーに登場 植柳まちづくりプロジェクトチーム

5月19日

西本願寺(京都市下京区)の門前町を中心とした京都市の旧植柳学区の有志でつくる「植柳まちづくりプロジェクトチーム」のマスコットキャラクター「おりんちゃん」が「ゆるきゃらトリ…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加