PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

「ダイヤ宝」が進物用に 薫寿堂

産業2022年4月18日 09時36分
「ダイヤ宝」が進物用に

「古い伝統の上に新しい伝統を」をモットーに線香作りを手掛ける兵庫県淡路市の薫寿堂。

1990年に発売した業界初の天然花香料を使用した線香「ダイヤ宝」は現在でもロングセラー商品として顧客に愛好されているが、このほど装いを新たに進物用線香として発売された。

この商品は椰子殻炭、椨皮粉に白檀、天然花香料を使用した壮麗な香りで、フランスの著名な調香師・ルネ・オーディベール氏が調香した。

今回、進物用線香としてダイヤ宝を販売したのは、時代の移り変わりとともに香りの好みが変化し、香木系の香りだけではなく、花の香りの香水系や洋風の香りの高額商品を贈りたいとの顧客の要望が数多くあったからだという。

桐塗箱ひも付き短寸10包み入り=写真。1包み約20㌘。煙はほとんどなく、1本の長さは約13・5㌢、燃焼時間約25分。定価1万1千円。

魚住朋樹社長は「様々なニーズにお応えし、線香の購買層を広げ、消費拡大を図っていきたい」と話している。

問い合わせは同社=フリーダイヤル(0120)756583。

28日から名古屋で初の展覧会「伝統文化」展

28日から名古屋で初の展覧会「伝統文化」展 宮絵師安川

5月23日

寺社建造物の彩色・絵付けなどを手掛ける宮絵師安川(京都市左京区)の代表で「京の宮絵師」として知られる安川如風氏の展覧会「浄土の世界と荘厳の伝統文化」が28日から3日間、名…

ルーメンを塗る開発者の金子氏

剃髪後の頭皮のトラブルを予防 イーコア

5月20日

宗派により剃髪が欠かせない僧侶にとって、頭皮のトラブルは悩ましい問題だ。スキンヘッドは乾燥しやすい上に紫外線にさらされやすいため皮膚へのダメージが大きく、カサつきやフケ、…

「おりんちゃん」がカレンダーに登場

「おりんちゃん」がカレンダーに登場 植柳まちづくりプロジェクトチーム

5月19日

西本願寺(京都市下京区)の門前町を中心とした京都市の旧植柳学区の有志でつくる「植柳まちづくりプロジェクトチーム」のマスコットキャラクター「おりんちゃん」が「ゆるきゃらトリ…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加